• sgbc-devotion

ルカの福音書24:9~12

Jesus said

『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』

『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

2015年9月10日(木)

ディボーション聖句

ルカの福音書24:9~12

9そして、墓から戻って、十一弟子とそのほかの人たち全部に、一部始終を報告した。

10この女たちは、マグダラのマリヤとヨハンナとヤコブの母マリヤとであった。彼女たちといっしょにいたほかの女たちも、このことを使徒たちに話した。

11ところが使徒たちにはこの話はたわごとと思われたので、彼らは女たちを信用しなかった。

12〔しかしペテロは、立ち上がると走って墓へ行き、かがんでのぞき込んだところ、亜麻布だけがあった。それで、この出来事に驚いて家に帰った。〕

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

9~10節 (9そして、墓から戻って、十一弟子とそのほかの人たち全部に、一部始終を報告した。10この女たちは、マグダラのマリヤとヨハンナとヤコブの母マリヤとであった。彼女たちといっしょにいたほかの女たちも、このことを使徒たちに話した。)

 世界人類を救い導くために、十字架上の身代わりの死(贖罪)を成し遂げられた、神の御子Jesusは、その3日後に復活しました。

 そして、死から復活したJesusの新たな霊的カラダを、最初に見たのは、以下の三人の女性たちでした。

 9~10節『マクダラのマリヤ』とは、7つの悪霊と悪運に取りつかれていた女性でありましたが、Jesusに悪霊と悪運を取り除いてもらい、最悪なな人生から立ち直って、真の自分らしさと幸運な人生を手に入れられた、情熱的な愛に満ちた女性信仰者でした。尚、彼女は、イスラエル国のマクダラ地方出身でした。

 また『ヤコブの母マリヤ』とは、ハッキリとは解明されていませんが、JesusとJesusの実弟ヤコブの母のマリヤの説が有力です。

 そして『サロメ』とは、Jesusの実母マリヤの実姉妹のサロメのことです。

・マルコの福音書16:9~11

『さて、週の初めの日曜の朝早くによみがえったイエスは、まずマグダラのマリヤにご自分を現された。

イエスは、以前に、この女から七つの悪霊を追い出されたのであった。マリヤはイエスといっしょにいた弟子たちが嘆き悲しんで泣いているところに行き、そのことを知らせた。

ところが、彼らは、イエスが生きておられ、お姿をよく見た、と聞いても、それを信じようとはしなかった。』

10~12節 (10この女たちは、マグダラのマリヤとヨハンナとヤコブの母マリヤとであった。彼女たちといっしょにいたほかの女たちも、このことを使徒たちに話した。11ところが使徒たちにはこの話はたわごとと思われたので、彼らは女たちを信用しなかった。12〔しかしペテロは、立ち上がると走って墓へ行き、かがんでのぞき込んだところ、亜麻布だけがあった。それで、この出来事に驚いて家に帰った。〕)

 マクダラのマリヤたちの天使を見た神霊現象と、死から復活したJesusとの会話の証しを聞かされた、Jesusの弟子たちは、最初は、全く信じようとしませんでした。

 12使徒たちは、Jesusのみことばを信じると口で告白しながら、信仰心よりもこの世の常識や利己心に捕らわれ過ぎていたのです。

 あなたは、今や世界的真理と言われているBibleのよりも、自らの経験による類推、利己心や一国の移ろいやすい常識感に捕らわれ過ぎていませんか?

 世界的真理で、世界で一番権威のある聖書のみことばと、自分の経験や知識の類推を比較するような高慢を犯さぬように、目をさます事です。

・箴言3:5

『主により頼め。自分の悟りに頼るな。』

・ルカの福音書1:37

『神にとって不可能なことは一つもありません。』

・ヘブル人への手紙11:6

『信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には、必ず報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。』

・マタイの福音書5:18

主イエスは約束した。『まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、聖書の律法の中の一点一画でも決してすたれることはありません。全部が成就されます。』

・マタイの福音書24:35

主イエスは言われた。『この天地は滅び去ります。しかし、わたしのみことばは決して滅びることがありません。』

11~12節 (11ところが使徒たちにはこの話はたわごとと思われたので、彼らは女たちを信用しなかった。12〔しかしペテロは、立ち上がると走って墓へ行き、かがんでのぞき込んだところ、亜麻布だけがあった。それで、この出来事に驚いて家に帰った。〕)

 このように聖書は、Bible&Jesusのみことばは絶対的であると、ハッキリ教えます。絶対的なモノと不完全な人間の知識や悟りを比較すること自体、愚かなことであり、ナンセンスだと教え説くのです。

 またBibleは、神様をゆり動かす本物の信仰を得るには、以下の条件が伴わなければならないと、教え説きます。

 それは、あなたの神様に不可能がないことを信じることであり、神様が必ず報いて下さるという、神様からの愛を確信することでもあり、そして、Bibleのみことばの預言と約束が、自分の人生と周囲の人々にも成就することを絶対視できる、子どものような純粋さと、みことばを前向きに想像して、夢見れる夢力だと教え説くのです。

 自らの経験、知識、常識感や利己心に捕らわれる、スケールの小さなご利益宗教では、神の奇跡を任される程のHolySpiritは宿りません。胸に書き記して下さい。

 あなたに与えられる、バカなくらい純粋な信仰と愛力や、みことばを想像しながら、夢見続けられる独創的な聖霊力に期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たして、つまらない常識感や凝り固まった自我から開放して下さり、Bible&メッセージから真のご神格と神性を悟らせてあげて下さい。

 そうすれば皆に、想像をはるかに超えた神体験、聖霊体験が起き出すからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「