• sgbc-devotion

ルカの福音書23:47〜56

Jesus said

「あなたの信じた通りになるように」

「何も思い煩わなくてもいい」

「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」

2015年9月8日(火)

ディボーション聖句

ルカの福音書23:47〜56

47この出来事を見た百人隊長は、神をほめたたえ、「ほんとうに、この人は正しい方であった」と言った。

48また、この光景を見に集まっていた群衆もみな、こういういろいろの出来事を見たので、胸をたたいて悲しみながら帰った。

49しかし、イエスの知人たちと、ガリラヤからイエスについて来ていた女たちとはみな、遠く離れて立ち、これらのことを見ていた。

50さてここに、ヨセフという、議員のひとりで、りっぱな、正しい人がいた。

51この人は議員たちの計画や行動には同意しなかった。彼は、アリマタヤというユダヤ人の町の人で、神の国を待ち望んでいた。

52この人が、ピラトのところに行って、イエスのからだの下げ渡しを願った。

53それから、イエスを取り降ろして、亜麻布で包み、そして、まだだれをも葬ったことのない、岩に掘られた墓にイエスを納めた。

54この日は準備の日で、もう安息日が始まろうとしていた。

55ガリラヤからイエスといっしょに出て来た女たちは、ヨセフについて行って、墓と、イエスのからだの納められる様子を見届けた。

56そして、戻って来て、香料と香油を用意した。安息日には、戒めに従って、休んだ。

[聖句メッセージ]

 本日で、ルカの福音書23章は終わりです。

 47節『百人隊長』とは、当時のユダヤ国を統治していた、ローマ帝国軍の戦闘部隊であるケントゥリオ(百人隊)の指揮官。

 日本語では一般に「百人隊長」「百卒長」と訳されます。

 尚、百人隊長は、兵の指揮統制をはじめ非戦闘時における隊の管理など、軍の中核を担う、極めて重要な役割で、「ローマ帝国軍の背骨」と称えられていました。

 このため、百人隊長は社会からも大きな敬意をもって、優遇される名誉ある地位であったのです。

47節 (47この出来事を見た百人隊長は、神をほめたたえ、「ほんとうに、この人は正しい方であった」と言った。)

 この日、Jesusの十字架刑を見ていた『百人隊長』は、Jesusの3年間の神の愛と奇跡の働きを見聞きしており、Jesusが本物の神の救い主であったことを確信したのです。

 そして、Jesusの十字架刑の直後、百人隊長のようにJesus信仰を100%確信していた人々には、以下のような不思議な出来事が続きました。

・イザヤ書53:5

『彼への懲らしめが信じる私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、信じる私たちはいやされるのだ。』

・ルカの福音書1:37

主イエスは言われた。『神にとって不可能なことは一つもありません。』

48~49節 (48また、この光景を見に集まっていた群衆もみな、こういういろいろの出来事を見たので、胸をたたいて悲しみながら帰った。49しかし、イエスの知人たちと、ガリラヤからイエスについて来ていた女たちとはみな、遠く離れて立ち、これらのことを見ていた。)

 このように、Jesusが十字架上で息を引き取り、世界人類の罪、咎、過ちの身代わりの死(贖罪)が終わると、次々に、恐ろしい出来事が起こり出しました。

 この日、Jesusの十字架の身代わりの死(贖罪)を確信した重病人が、突然癒され出したり、死んだはずの仲間たちのゴーストたちが多くの人々に現れてみことばを語り始めたり、歴史上、起こったことのないほどの大地震、自然災害、異常気象が突如に続いたり、また最近、死んだばかりの死人たちが生き返ったり、恐ろしいことが起こり始めたのでした。

 人々は一斉に言いました。『ヤバいことになった!あのお方、イエスは本物の神の御子だった。』

 あなたは、Bibleのみことばと、不可能を可能にできるJesus信仰による聖霊力を100%以上確信しながら、生活できていますか?

それとも、ご利益宗教程度ですか?

 あなたのJesusに不可能はなく、Bibleのみことばは必ず100%成就すると確信することが、神の奇跡や百倍の報いを数多く受けるために必要なJesus信仰の心得となります。胸に書き記して下さい。

50~51節 (50さてここに、ヨセフという、議員のひとりで、りっぱな、正しい人がいた。51この人は議員たちの計画や行動には同意しなかった。彼は、アリマタヤというユダヤ人の町の人で、神の国を待ち望んでいた。)

 そして、Jesus信仰者でアリマタヤのヨセフという、お金持ちの立派な男性議員が、ピラト総督の元に行き、Jesusのからだの下げ渡しを願って引き取り、彼の所有していた王が納められるほどの立派なお墓に、Jesusを納めたのでした。

・マタイの福音書6:20

主イエスは言われた。『自分の宝は、天にもたくわえなさい。』

52~56節 (52この人が、ピラトのところに行って、イエスのからだの下げ渡しを願った。53それから、イエスを取り降ろして、亜麻布で包み、そして、まだだれをも葬ったことのない、岩に掘られた墓にイエスを納めた。54この日は準備の日で、もう安息日が始まろうとしていた。55ガリラヤからイエスといっしょに出て来た女たちは、ヨセフについて行って、墓と、イエスのからだの納められる様子を見届けた。56そして、戻って来て、香料と香油を用意した。安息日には、戒めに従って、休んだ。)

 このようにBibleは、自分の欲望と快楽のためにばかり、お金を使わずに、アリマタヤのヨセフのように、神の使命や隣人愛のために、バランス良くお金を投資するようにと、教え勧めます。なぜなら、こういう賢い人に、神の奇跡と報いや、天国でのご褒美が数多く注がれるからなのです。

 このアリマタヤのヨセフは、約2000年経った現在でも、Jesusに最高な墓を送った英雄、真の賢いリッチマンとして、今でも語り継がれているのです。このように、天にも宝を積める者は、永遠に報われます。

 あなたの生き様に表れる、神の奇跡と永遠なる報いを引き出せる、賢い投資術と愛の奉仕力に期待します。

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Bible&Jesusの全てのみことばを100%信じ期待して、待ち望めるようにして下さい。また、賢く天に宝を積められる者たちにしてください。

 そうすれば、皆の人生に、不可能を可能に出来るみことば信仰力と、永遠なる報いが与えられるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「