• sgbc-devotion

ルカの福音書13:6~9

Jesus said

『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』

『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

2015年7月9日(木)

ディボーション聖句

ルカの福音書13:6~9

6イエスはこのようなたとえを話された。「ある人が、ぶどう園にいちじくの木を植えておいた。実を取りに来たが、何も見つからなかった。

7そこで、ぶどう園の番人に言った。『見なさい。三年もの間、やって来ては、このいちじくの実のなるのを待っているのに、なっていたためしがない。これを切り倒してしまいなさい。何のために土地をふさいでいるのですか。』

8番人は答えて言った。『ご主人。どうか、ことし一年そのままにしてやってください。木の回りを掘って、肥やしをやってみますから。

9もしそれで来年、実を結べばよし、それでもだめなら、切り倒してください。』」

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

・マタイの福音書7:16~21

主イエスは言われた。

『あなたがたは、人生の実によって人々を見分けることができます。ぶどうは、いばらからは取れないし、いちじくは、あざみから取れるわけがないでしょう。

同様に、良い木はみな良い実を結ぶが、悪い木は悪い実を結びます。良い木が悪い実をならせることはできないし、また、悪い木が良い実をならせることもできません。

良い実を結ばない木は、みな、父なる神様に切り倒されて、火に投げ込まれます。

こういうわけで、あなたがたは、実によって彼らを見分けることができるのです。

わたしに向かって、「主よ、主よ」と言う者がみな天の御国に入るのではなく、天におられるわたしの父なる神のみことばを行う者が報いを受けられるのです。』

6~9節 (6イエスはこのようなたとえを話された。「ある人が、ぶどう園にいちじくの木を植えておいた。実を取りに来たが、何も見つからなかった。7そこで、ぶどう園の番人に言った。『見なさい。三年もの間、やって来ては、このいちじくの実のなるのを待っているのに、なっていたためしがない。これを切り倒してしまいなさい。何のために土地をふさいでいるのですか。』8番人は答えて言った。『ご主人。どうか、ことし一年そのままにしてやってください。木の回りを掘って、肥やしをやってみますから。9もしそれで来年、実を結べばよし、それでもだめなら、切り倒してください。』」)

 このようにBible&Jesusは...人は皆、どんなに格好つけて取り繕おうとしても、立派な紳士淑女を気取ったり、また、善人や敬虔なクリスチャンのフリをしたとしても、人生の実だけは嘘をつけないと、教え説きます。

 Bible&Jesusは、そういう見せかけばかりな(偽り)人からは、神の奇跡、救霊者や洗礼者も起こらないと、預言するのです。肝に銘じて下さい。

・ルカの福音書6:44~49

Jesusは言われた。

『木はどれでも、その実によってわかるものです。いばらからいちじくは取れず、野ばらからぶどうを集めることはできません。

良い人は、その心の良い倉から良い物を出し、悪い人は、悪い倉から悪い物を出します。なぜなら人の口は、心に満ちているものを話すからです。

なぜ、わたしを「主よ、主よ」と呼びながら、わたしの言うみことばを行わないのですか。わたしの教会に来て、わたしのみことばを聞き、それを行う人たちがどんな人に似ているか、あなたがたに示しましょう。

その人は、地面を深く掘り下げ、岩の上に土台を据えて、それから家を建てた人に似ています。洪水になり、川の水がその家に押し寄せたときも、しっかり建てられていたから、びくともしませんでした。

しかし、みことばを聞いても実行しない人は、土台なしで地面に家を建てた人に似ています。川の水が押し寄せると、家は一ぺんに倒れてしまい、そのこわれ方はひどいものとなりました。』

 6~9節,またBibleは...人は皆、人生で何を語り、何を人に伝えて生きてきたのか?

 また、日々どのような行動を起こして、他人にどんな影響を与えてきたのか? 肉体の死後、神の御もとに連れて行かれて、人生の行動と言葉使いについて、神の裁きを受けることになると教え説きます。

 くちびるは、まさに、人生の災いの元とも、なり得るのです。

 聖書は、あなたの言葉は、自らと他人の人生を活かしたり、人生の実を豊かに結べる働きもできますが、逆に、自らと他人の人生を傷つけて曲げてしまったり、偉大な可能性や人生での良い実を阻む恐れもあると、忠告しているのです。

 あなたの言霊力の大切さを胸に書き記して下さい。

 またJesusは、聖書のみことばを蓄える人は皆、自らと他人の徳を高められる言葉使いや行動が出来るようになれると、教え説きます。

 聖書のみことばには、神の聖なる言霊力が流れているので、それを実践、活用する人は皆、神の味方と祝福を受けられるのです。

 神のみことばは、全人生にプラスしか与えない、神の恵み。信じる者は報われます。

・ヤコブの手紙2:26

『しかし、たましいを離れたからだが、死んだものであるのと同様に、行いのない信仰は、死んでいるのです。』

 9節,しかし、Bible&Jesusのみことばによる行動や言動の伴わない人は皆、人生や死後に、大事件や大崩れも起きやすいと、聖書はハッキリと預言しています。胸に書き記して、みことばを活用することです。

 あなたの人生を通して現れる、自らと他人の徳を高められる、みことば力に期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆の霊の目を開いて、Bible&Jesusからの真理を蓄えさせ、具体的にみことばを実践、活用させて下さい。

 そうすれば皆、自らや周囲の人生の徳を高められ、多くの人々を救霊したり、神の奇跡を引き出せたりなどして、人生での良い実を 数多く結べるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「