• sgbc-devotion

ルカの福音書12:54~59

Jesus said

『平和をつくる者は幸いです。その人たちは神の子どもと呼ばれるから。』

『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

2015年7月7日(火)

ディボーション聖句

ルカの福音書12:54~59

54主イエスは群衆にもこう言われた。「あなたがたは、西に雲が起こるのを見るとすぐに、『にわか雨が 来るぞ』と言い、事実そのとおりになります。

55また南風が吹きだすと、『暑い日になるぞ』と言い、事実そのとおりになります。

56偽善者たち。あなたがたは地や空の現象を見分けることを知りながら、どうして今のこの時代を見分けることができないのですか。

57また、なぜ自分から進んで、何が正しいかを判断しないのですか。

58あなたを告訴する者といっしょに役人の前に行くときは、途中でも、熱心に彼と和解するよう努めなさい。そうでないと、その人はあなたを裁判官のもとにひっぱって行きます。裁判官は執行人に引き渡し、執行人は牢に投げ込んでしまいます。

59あなたに言います。最後の一レプタを支払うまでは、そこから決して出られないのです。」

[聖句メッセージ]

 本日でルカの福音書12章は終わりです。

54~56節 (54主イエスは群衆にもこう言われた。「あなたがたは、西に雲が起こるのを見るとすぐに、『にわか雨が 来るぞ』と言い、事実そのとおりになります。55また南風が吹きだすと、『暑い日になるぞ』と言い、事実そのとおりになります。56偽善者たち。あなたがたは地や空の現象を見分けることを知りながら、どうして今のこの時代を見分けることができないのですか。)

 Jesusは、旧約聖書の預言を説き明かしていた祭司や、それを聞いて礼拝していたパリサイ人たちと、モーセ五書(旧約聖書)の専門家であった律法学者たちに、以下のようなメッセージを語られました。

 「あなたがたは、雨雲を見ると、雨を予報して当ててみたり、南風が吹き出すと夏期の訪れを 的中させます。

 しかし、天気予報や気象予測よりも100%的中する、絶対的なBibleのみことばの預言や約束を軽視したり、殆ど周囲に伝えず、また生活に適用せずに、なおざりにしています。

 神のみことばを軽視する生活、行いのない偽善的信仰を悔い改めなさい。そして、今がどういう時代で、この国に何が起ころうとしているのか?

 そして今後、あなたは何を思考して、何をすべきなのか。真理なるみことばから掴み取り、祈り備える生活習慣が必要なのです。」とJesusは、形式的なご利益宗教者たちを叱責して、今後は 愛する国と自らの危機に備えるように、教え諭してくれたのです。

・ヨハネの福音書14:6

『イエスは言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父なる神様のみもとに来ることはできません。」』

・ヨハネの福音書17:17

『真理によって人々を聖別してください。主イエスのみことばは真理です。』

・マタイの福音書5:18

『まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、聖書の律法の中の一点一画でも決してすたれることはありません。全部が、必ず成就されます。』

・マタイの福音書13:23

主イエスは約束した。

『ところが、良い地に蒔かれる人とは、みことばを聞いてそれを悟り行う人のことで、その人はほんとうに実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の人生の実を結べます。』

・第二テモテの手紙3:16

『聖書はすべて、神の霊感により書かれたもので、人生の教えと戒めと矯正と義の訓練とのために全て有益です。』

 54~56節,このようにBibleのみことばとは、全てが神の聖霊によって書かれた、全世界と全人生の預言の書であり、永遠の真理と、神様の祝福の受け方と敵の攻撃(悪霊,悪運)の対処方法について書かれている、人生の取扱説明書(神の国の書物)であると 教え説きます。

・マタイの福音書7:26~27

主イエスは預言した。

『わたしのこれらのみことばを聞いてそれを行わない者はみな、砂の上に自分の家を建てた愚かな人に比べることができます。雨が降って洪水が押し寄せ、風が吹いてその家に打ちつけると、倒れてしまいました。しかもそれはひどい倒れ方でした。』

・ヘブル人への手紙9:27

『そして、人間には、一度死ぬことと、死後に神のさばきを受けることが定まっている。』

・ローマ信徒への手紙8:1~2

『こういうわけで、今は、キリスト・イエスにある者が罪に定められることは決してありません。なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを 贖い解放したからです。』

・ヨハネの黙示録2:11

『耳のある者は御霊が諸教会に言われることを聞きなさい。勝利を得る者は、決して、第二の死によってそこなわれることはない。』

57~59節 (57また、なぜ自分から進んで、何が正しいかを判断しないのですか。58あなたを告訴する者といっしょに役人の前に行くときは、途中でも、熱心に彼と和解するよう努めなさい。そうでないと、その人はあなたを裁判官のもとにひっぱって行きます。裁判官は執行人に引き渡し、執行人は牢に投げ込んでしまいます。59あなたに言います。最後の一レプタを支払うまでは、そこから決して出られないのです。」)

 そしてJesusは...日々のBible&メッセージを読み蓄えながら礼拝して、出来る限りのみことばを自らの生き様と、周囲に表現しながら生活するのならば、ただ それだけで神の幸運と永遠の味方を取り付けられると、約束してくれました。

 今朝も、こうして Bible&Jesusのみことばを重視しようとしているあなたの人生の結末と死後は...決して、ひどい倒れ方や悲しい結末(人生の有罪)など、あり得ないと約束してくれたのです。胸に書き記して下さい。

 あなたの人生と死後に与えられる、父なる神様からの最高な報いとジャッジに期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、日々のJesusの教会から語られる、Bible&メッセージを蓄えながら...出来る限り、アクションと言動ができるように、助け導いてあげて下さい。

 そうすれば皆の人生と、肉体の死後の両方共、神の最高な報いとジャッジが 与えられるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.