• sgbc-devotion

ルカの福音書11: 37~38

Jesus said

「あなたの信じた通りになるように」

「何も思い煩わなくてもいい」

「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」

2015年6月29日(月)

ディボーション聖句

ルカの福音書11: 37~38

37イエスが話し終えられると、ひとりのパリサイ人が、食事をいっしょにしてください、とお願いした。そこでイエスは家に入って、食卓に着かれた。

38そのパリサイ人は、イエスが食事の前に、まず、きよめの洗いをなさらないのを見て、驚いた。

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

 37節『パリサイ人』の意味は「分離した者」という意味があります。

 このパリサイ人たちは、当時の法律的な役割もしていた「モーセ五書(旧約聖書)」を重んじない人たちや不道徳な人々を差別して、距離を置いて生活していた人々でした。

37節 (37イエスが話し終えられると、ひとりのパリサイ人が、食事をいっしょにしてください、とお願いした。そこでイエスは家に入って、食卓に着かれた。)

 この時パリサイ人の有力者の一人が、Jesusを食事に誘ったのです。

・ローマ信徒への手紙2:11

『神にはえこひいきなどはないのです。』

・ヨハネの黙示録3:20

主なる神様は言われた。

『見よ。わたしは、戸の外に立ってたたく。だれでも、わたしのみことばを聞いて心の扉をあけるなら、わたしは、彼のところに入って、彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする。』

 37節,Bibleは...多くの人々は、人を見せかけで判断し過ぎたり、えこひいきしたり、相手の好き嫌いを口にして差別しますが、神の御子Jesusは、誰も差別せずに会食して、人生の真理であるみことばを教えてあげたり、どんな極悪人や病人でさえも教会に招き入れて、本気で祈って、天国に導いてあげていたと、教え説きます。

 たとえ、さっきまでのあなたが、救いようのない極悪人や偽善者や無神論者であったとしても、Jesusのお名前にすがって悔い改める気さえもてるなら、父なる神様は差別せずに、永遠に救って下さるお方だと、約束するのです。

 Jesusを信じる者は、必ず、救われるのです。胸に書き記して下さい。

38節 (38そのパリサイ人は、イエスが食事の前に、まず、きよめの洗いをなさらないのを見て、驚いた。)

 『きよめの洗い』とは、ユダヤ人たちの伝統的な儀式であり、宗教上のいわゆる“お浄(きよ)め”のようなもので、当時のユダヤ人たちの習慣でした。

 尚、ユダヤ人たちの「きよめの洗い」のやり方は、食事前に、食器と杯をきちんと、石鹸などで洗う訳ではありませんでしたが、水をかけることで、きよめるというやり方でした。それは、殆ど意味のない伝統的な儀式だったのです。

・マルコの福音書7:7~9

『イエスはパリサイ人たちに言われた。「旧約聖書の預言者イザヤは、あなたがた偽善者について預言をして、こう書いているが、まさにそのとおりです。「彼らは、口先ではわたしを敬うが、その心は、わたしから遠く離れている。彼らが、わたしを拝んでも、むだなことである。彼らは人間の教えを、教えとして教えるだけだから。」あなたがたは、神の戒めを捨てて、人間の言い伝えを堅く守っている。」また、主は言われた。「あなたがたは、自分たちの言い伝えを守るために、よくも神のみことばの戒めをないがしろにしたものです。」』

・ルカの福音書12:4

主イエスは弟子たちに言った。

『そこで、わたしの友であるあなたがたに言います。からだを殺しても、あとはそれ以上何もできない人間たちを恐れてはいけません。』

 38節,このようにJesusは、世界中には、殆ど意味のない余計な社会常識、組織のルール、儀式や形式が多過ぎると、教え説きました。

 そしてJesusは、真理を知らない無知な人々の多くは、それらに縛られ過ぎてしまって、がんじがらめになっている人が多いと、哀れんで下さったのです。

 あなたは、この世の組織と社会常識を恐れ過ぎてしまって、必要以上に縛られていませんか? 目を醒ますことです。

 なぜならJesusは、本当に大切に守るべきことは、神のみことば(真理)と隣人愛だけで充分だと、教え説いてくれたからなのです。

 この時もJesusは、ユダヤの伝統を押しつけていた パリサイ人に対して、食前にすることは、感謝のお祈りだけで充分だと、教えてくれました。

 また、あなたは、必要以上に、周囲の反応、社会常識や伝統などに縛られ過ぎることはありませんか?

・ヨハネの福音書8:32

『あなたがたは みことばから真理を知り、真理はあなたがたを自由にします。』

 38節,またBibleは、本当に大切なことと、人が守るべきことを教えてくれる人生の取り扱い説明書であり、揺るがぬ自由感を手に入れられる、神からの贈り物だと教え説きます。

 あなたの自由を縛っているのは、神の真理ではなく、むしろ、あなたが培ってきたこの世の経験と常識感と必要以上の責任感によることが大きいのです。自由を失っている原因は、実はあなた自身の思考と生活習慣にも原因があると、教え説いているのです。内なる敵の策略に気づき、目を醒ますことです。

 そして Jesusは...もし、あはたが Bibleのみことばを胸に刻み、それを行ない続けようとするのならば、あなたにも永遠の自由感は与えられると、約束してくれました。

 あなたに与えられる、Jesusのような 揺るがぬ永遠の自由感に期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Bible&Jesusのみことば&メッセージから、本当に大切なことと守るべき真理を悟らせ、行わせて下さい。

 そうすれば、皆が必要以上のこの世の束縛から開放されていき、Jesusのような永遠の揺るがぬ自由感と神の奇跡を手に入れられるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「