• sgbc-devotion

ルカの福音書9:46~50

Bible said

『人はうわべを見るが、主は心を見る。』

『主の教えを喜びとし、昼も夜もその教えを口ずさむ人は、何をしても栄える』

『心を尽くして主に拠り頼め。 自分の悟りにたよるな』

『幸いなことよ。神の知恵を見いだす人は』

2015年6月13日(土)

ディボーション聖句

ルカの福音書9:46~50

46さて、弟子たちの間に、自分たちの中で、だれが一番偉いかという議論が持ち上がった。

47しかしイエスは、彼らの心の中の考えを知っておられて、ひとりの子どもの手を取り、自分のそばに立たせ、

48彼らに言われた。「だれでも、このような子どもを、わたしの名のゆえに受け入れる者は、わたしを受け入れる者です。また、わたしを受け入れる者は、わたしを遣わされた方を受け入れる者です。あなたがたすべての中で一番小さい者が一番偉いのです。」

49ヨハネが答えて言った。「先生。私たちは、先生の名を唱えて悪霊を追い出している者を見ましたが、やめさせました。私たちの仲間ではないので、やめさせたのです。」

50しかしイエスは、彼に言われた。「やめさせることはありません。あなたがたに反対しない者は、あなたがたの味方です。」

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

・申命記21:18~21

『かたくなで、親に逆らう子がおり、父の言うことも、母の言うことも聞かず、父母に懲らしめられても、父母に従わないときは、その父と母は、子を捕らえ、町の長老たちのところへその子を連れて行き、町の長老たちに言いつけなさい。

そして、それでも聞かないなら、町の人はみな、放蕩するその子どもを石で打ち叩きなさい。』

46~48節 (46さて、弟子たちの間に、自分たちの中で、だれが一番偉いかという議論が持ち上がった。47しかしイエスは、彼らの心の中の考えを知っておられて、ひとりの子どもの手を取り、自分のそばに立たせ、48彼らに言われた。「だれでも、このような子どもを、わたしの名のゆえに受け入れる者は、わたしを受け入れる者です。また、わたしを受け入れる者は、わたしを遣わされた方を受け入れる者です。あなたがたすべての中で一番小さい者が一番偉いのです。」)

 このように、救い主Jesusが現れるまで、大人の言うことを聞かない子どもたちは厳しく裁かれたり、当然のように虐待され続けていました。昔、子どもたちの身分は、相当低く見られていたのです。

・ローマ信徒への手紙2:11

『しかし、神には、えこひいきなどないのです。』

 46~48節,聖書は、子どもを甘やかせ過ぎることは良くありませんし、しっかりと真理で教育するべきであると教え説きますが...子どもの人格を軽視したり、大人よりも劣った者として扱ってはならないと、教え説きます。胸に書き記して下さい。

・マタイの福音書18:1~5

『そのとき、弟子たちがイエスのところに来て言った。

「それでは、天の御国では、だれが一番偉いのでしょうか。」そこで、イエスは小さい子どもを呼び寄せ、彼らの真ん中に立たせて、言われた。「まことに、あなたがたに告げます。あなたがたも悔い改めて子どもたちのようにならない限り、決して天の御国には、入れません。だから、この子どものように、自分を低くする者が、天の御国で一番偉い人です。また、だれでも、このような子どものひとりを、わたしの名のゆえに受け入れる者は、わたしを受け入れるのです。」』

 46~48節,そしてBible&Jesusは...神の認める偉い人とは、幼子たちのように、素直に人の話を聞ける姿勢、謙虚さを持てる人であり、また幼子たちのように、自分のプライドや地位、権力を振りかざすことをせずに、他人の徳を高めながら 人間関係を築ける人だと、教え説きました。

 またJesusは、素直な子どものように、神のみことば(聖書)を受け入れられる 霊的清さを大切にしている人を、神の認める偉い人だと、教え説いたのです。胸に書き記すことです。

・マタイの福音書20:26~28

『あなたがたの間で偉くなりたいと思う者は、皆に仕える者になりなさい。あなたがたの間で人の先に立ちたいと思う者は、あなたがたのしもべのようになりなさい。

人の子イエスが来たのも、仕えられるためではなく、かえって、人に仕えるためであり、また、多くの人のための、贖いの代価として、自分のいのちを与えるためであるのと同じです。』

 46~48節,このようにJesusは、神の清い御子であったのに、私たち人間の罪悪と汚れをゆるして清めるために...私たち人間を永遠に救うための奴隷、生けにえに徹してくれました。

 また聖書は、本当に強く、賢く、偉い人とは、Jesusのように権力を振りかざすことのない神信仰の大切さを教え説きながら、人の徳を高める隣人愛を大切にして仕えられる人だと、教え説きます。

 あなたの人間関係に現れる、Jesusのように、人に仕えられるサーバント・リーダーシップに期待します。

・使徒の働き2:21

『しかし、主イエスの名を呼ぶ者は、みな救われる。』

・使徒の働き16:31

『主イエスを信じなさい。そうすれば、あなたもあなたの家族も救われます』

・ローマ信徒への手紙10:11

『聖書はこう言っています。「主イエスに信頼する者は、失望させられることがない。」』

49~50節 (49ヨハネが答えて言った。「先生。私たちは、先生の名を唱えて悪霊を追い出している者を見ましたが、やめさせました。私たちの仲間ではないので、やめさせたのです。」50しかしイエスは、彼に言われた。「やめさせることはありません。あなたがたに反対しない者は、あなたがたの味方です。」)

 このようにBibleは、たとえ あなたが他宗教であったとしても、Bibleのみことば(世界共通の真理)や、クリスマス(キリストの生誕祭)などのJesusのお名前を喜んで受け入れられる人は皆、神の敵ではなく、むしろ味方だと教え説きます。

 もし、あなたがBible&Jesusの教える「天国行き」「永遠のゆるし、永遠の命」「神の味方」を手に入れたいのなら、行き過ぎた宗教意識やこだわりは、一切捨て去り、Bible&Jesusを信じる謙虚さが大切なのです。

 あなたの人生に現れる、神の味方と幸運に期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、幼児のように Bible&Jesusのみことばを信じて受け入れ、幼子のように、素直に聞き従えられるように、造り変えてあげて下さい。

 そうすれば、皆の人生を父なる神様が永遠に味方してくれるからです!主イエスのお名前で,期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「