• sgbc-devotion

ルカの福音書7:40~50

Jesus said

『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』

『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

2015年5月29日(金)

ディボーション聖句

ルカの福音書7:40~50

40するとイエスは、彼に向かって、「シモン。あなたに言いたいことがあります」と言われた。シモンは、「先生。お話しください」と言った。

41「ある金貸しから、ふたりの者が金を借りていた。ひとりは五百デナリ、ほかのひとりは五十デナリ借りていた。

42彼らは返すことができなかったので、金貸しはふたりとも赦してやった。

では、ふたりのうちどちらがよけいに金貸しを愛するようになるでしょうか。」

43シモンが、「よけいに赦してもらったほうだと思います」と答えると、イエスは、「あなたの判断は当たっています」と言われた。

44そしてその女のほうを向いて、シモンに言われた。「この女を見ましたか。わたしがこの家に入って来たとき、あなたは足を洗う水をくれなかったが、この女は、涙でわたしの足をぬらし、髪の毛でぬぐってくれました。

45あなたは、口づけしてくれなかったが、この女は、わたしが入って来たときから足に口づけしてやめませんでした。

46あなたは、わたしの頭に油を塗ってくれなかったが、この女は、わたしの足に香油を塗ってくれました。

47だから、わたしは『この女の多くの罪は赦されている』と言います。それは彼女がよけい愛したからです。しかし少ししか赦されない者は、少ししか愛しません。」

48そして女に、「あなたの罪は赦されています」と言われた。

49すると、いっしょに食卓にいた人たちは、心の中でこう言い始めた。「罪を赦したりするこの人は、いったいだれだろう。」

50しかし、イエスは女に言われた。「あなたの信仰が、あなたを救ったのです。安心して行きなさい。」

[聖句メッセージ]

 本日でルカの福音書7章は終わりです。

40節 (40するとイエスは、彼に向かって、「シモン。あなたに言いたいことがあります」と言われた。シモンは、「先生。お話しください」と言った。)

 ある日、ユダヤ教パリサイ派のシモンという人は、主イエスを食事に招待しました。

 このパリサイ派のシモンは、モーセ五書(旧約聖書)に従順な富裕層の人であり、不信仰な人々や反社会的な罪人たちを差別していた人でした。

・ヨハネの黙示録3:20

主なる神様は言われた。

『見よ。わたしは、戸の外に立ってたたく。だれでも、わたしのみことばを聞いて戸をあけるなら、わたしは、彼のところに入って、彼とともに食事をし、彼もわたしとともに食事をする。』

 40節,このように聖書で...創造主なる神様は人間に食する恵みを与えられたので、神に選ばれし人は皆、食前の祈りを通して、毎食、神と共に食事を楽しむことが出来ると、教え説きます。毎食ごと、純粋な子どものように祈る人は皆、神と共に生活できているということです。

 食前の祈りをする者は、神と共に歩める幸運な人なのです。

 40節,ところが、その食事の席に、その町でも有名な「罪深い女」が入ってきたと、聖書は教え伝えます。

 しかし「罪深い女」という表現は、どんなことをしていたかについて、具体的な記述がありません。

 ただ、他の聖書のみことばや、この後の話の流れを見ると、彼女は「遊女、娼婦」であったと推測されます。そして、パリサイ派のシモンは、彼女を軽蔑しながら見ていたのです。

・ルカの福音書6:37

主イエスは言われた。

『さばいてはいけません。そうすれば、神様にさばかれません。人を罪に定めてはいけません。そうすれば、自分も罪に定められません。赦しなさい。そうすれば、自分も神様に赦されます。』

 40節,このようにBibleは、あなたの周囲に、たとえ、どんなに愚かで、罪深い生活習慣をしている人がいたとしても、他人を軽蔑したり、差別し過ぎてはいけないと、教え説きます。

 むしろ、そういう罪悪や悪習慣に捕らわれている人を哀れんでゆるすように。または、関わらなくとも、心の中で祈ってあげるようにと、教え勧めているのです。

 そういう人は皆、あなたがさばかなくとも、自らの人生で苦しみを刈り取ることになるからです。

 本当に人を裁けるのは、主なる神様だけなのです。胸に書き記して下さい。

 40節,そして主イエスは 遊女を蔑んだ、パリサイ派のシモンに、神のメッセージを語られました。

41~42節 (41「ある金貸しから、ふたりの者が金を借りていた。ひとりは五百デナリ、ほかのひとりは五十デナリ借りていた。42彼らは返すことができなかったので、金貸しはふたりとも赦してやった。では、ふたりのうちどちらがよけいに金貸しを愛するようになるでしょうか。」)

 イエスのたとえ話の内容は、以下です。

 『「ある金貸しが 1人には500万円貸してあげ、もう1人には50万円貸してあげました。しかし 二人共、お金が返せなくなったので、金貸しは仕方なく、二人とも、借金を免除して赦してあげたのです。」

 では、シモン、質問です。

 「この2人のどちらが、金貸しに多く感謝できて、余計に愛することができると思いますか?」』

43節 (43シモンが、「よけいに赦してもらったほうだと思います」と答えると、イエスは、「あなたの判断は当たっています」と言われた。)

 そして、シモンは主イエスに答えた。

 「常識的に、多くの借金を免除されてゆるされた人の方が、余計に感謝して、愛することができると思います。」

 イエスは言われた。

 「シモン、あなたの判断は正しい!」

44~47節 (44そしてその女のほうを向いて、シモンに言われた。「この女を見ましたか。わたしがこの家に入って来たとき、あなたは足を洗う水をくれなかったが、この女は、涙でわたしの足をぬらし、髪の毛でぬぐってくれました。45あなたは、口づけしてくれなかったが、この女は、わたしが入って来たときから足に口づけしてやめませんでした。46あなたは、わたしの頭に油を塗ってくれなかったが、この女は、わたしの足に香油を塗ってくれました。47だから、わたしは『この女の多くの罪は赦されている』と言います。それは彼女がよけい愛したからです。しかし少ししか赦されない者は、少ししか愛しません。」)

 また、主イエスはシモンに言われた。

 「あなたが軽蔑した彼女のわたしへの態度を見ましたか?シモン、あなたは、わたしの足の汚れを洗い落とす為の桶と水を出してくれませんでしたね。

 しかし彼女は、わたしの汚れた足を見ると、すぐに、自らの罪深い生活を祈り、悔い改めの涙を流しながら、その涙と自分の髪の毛で、わたしの足の泥汚れを 洗い落としてくれたのです。

 そして彼女は、わたしの頭の汚れと臭いを高価な香油で綺麗にすることで、あなたよりも優れた、愛と礼拝をしてくれました。

 確かに、昨日までの彼女は、あなたの思うような罪深い生活をしている女性でしたが...今の彼女は、わたしを信じることで、父なる神様に多くゆるされており、あなたよりも高価な献品(香油)や愛の奉仕までしてくれたので、今や、尊い信仰者に生まれ変わったのです。もう、彼女を侮辱してはいけませんよ。」と、主イエスは語られました。

・ヤコブの手紙5:16

『ですから、あなたがたは、互いに罪を言い表し、互いのために祈りなさい。いやされるためです。そういう、義人の祈りは働くと、大きな力があります。』

48~50節 (48そして女に、「あなたの罪は赦されています」と言われた。49すると、いっしょに食卓にいた人たちは、心の中でこう言い始めた。「罪を赦したりするこの人は、いったいだれだろう。」50しかし、イエスは女に言われた。「あなたの信仰が、あなたを救ったのです。安心して行きなさい。」)

 そしてイエスは、遊女に宣言されました。「あなたはわたしを信じて、真心から罪悪の生活習慣を悔い改めようと祈ったので、全ての罪悪は清められて、赦されました。安心して生きなさい!」

・ヘブル人への手紙11:6

『信仰がなくては、神に喜ばれることはできません。神に近づく者は、神がおられることと、神を求める者には報いてくださる方であることとを、信じなければならないのです。』

 このようにBibleは...Jesus信仰なくして、父なる神様を味方につけられることはできないと、はっきり教え説きます。胸に書き記して下さい。

 あなたに与えられる、山をも動かせるJesus信仰力に期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆の霊の目を開かせて、Jesusの愛力と十字架力のおかげで、父なる神に永遠にゆるされて、和解できたことを確信させてあげて下さい。

 そうすれば皆、今日の聖句の罪深い女性のように、深い悔い改めが出来るようになり、神の大いなる恵みと奇跡を引き出せるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.