• sgbc-devotion

マルコの福音書14:17~21

2015年4月5日(日)

GOD said

『あなたは癒された』

『愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい』

『神は愛です』

『主のしもべは栄える』

ディボーション聖句

マルコの福音書14:17~21

17夕方になって、イエスは十二弟子といっしょにそこに来られた。

18そして、みなが席に着いて、食事をしているとき、イエスは言われた。「まことに、あなたがたに告げます。あなたがたのうちのひとりで、わたしといっしょに食事をしている者が、わたしを裏切ります。」

19弟子たちは悲しくなって、「まさか私ではないでしょう」とかわるがわるイエスに言いだした。

20イエスは言われた。「この十二人の中のひとりで、わたしといっしょに鉢に浸している者です。

21確かに、人の子は、自分について書いてあるとおりに、去って行きます。しかし、人の子を裏切るような人間はわざわいです。そういう人は生まれなかったほうがよかったのです。」

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

・箴言4:10~13

主は言われた。

『わが子よ。聞け。私の言うみことばを受け入れよ。そうすれば、あなたがたの命の年は多くなる。そして、わたしは正しい知恵の道をあなたに教え、正しい道筋にあなたを導く。あなたが歩むとき、その歩みは妨げられず、走るときにも、つまずくことはない。だから、みことばの訓戒を堅く握って、手放すな。』

・箴言3:4~6

『神と人との前に 好意と聡明を得よ。心を尽くして主に拠り頼め。自分の悟りにたよるな。そして、あなたの行く所どこにおいても、主を認めよ。そうすれば、主はあなたの道をまっすぐにされる。』

17節 (17夕方になって、イエスは十二弟子といっしょにそこに来られた。)

 このようにBibleは..もし、あなたが神と人を大切に愛することを心掛けて、日々のBible&メッセージを人生の拠り所として歩めるのなら、主なる神様と天使たちは、あなたのすべての道を 整えながら助け導いて下さると、約束してくれています。

 胸に書き記すことです。

 このJesus宣教チームも、悪徳権力者たちの殺害計画と罠から逃れられて、予定通りに聖地エルサレムに辿り着けたのです。

 Bibleは...日々のBible&メッセージを蓄えているあなたには、耐えられない試練や歯が立たない敵など、あり得ないと教え説きます。

 信じる者は、必ず報われるのです。

・第一テモテの手紙6:6~10

『実は、満ち足りる心を伴う敬虔な信仰こそ、大きな利益を受ける道です。私たちは何一つこの世に持って生まれでなかったし、また何一つ持って死ぬこともできません。だから、衣食があれば、それで満足すべきなのです。金持ちになりたがる人たちは、人生の誘惑とわなと、また人を滅びと破滅に投げ入れる、愚かで、有害な多くの貧欲とに陥ります。なぜなら金銭を愛することが、あらゆる悪の根だからです。ある人たちは、金を追い求めたために、信仰から迷い出て、人生で、非常な苦痛をもって自分を刺し通しました。』

18~21節 (18そして、みなが席に着いて、食事をしているとき、イエスは言われた。「まことに、あなたがたに告げます。あなたがたのうちのひとりで、わたしといっしょに食事をしている者が、わたしを裏切ります。」19弟子たちは悲しくなって、「まさか私ではないでしょう」とかわるがわるイエスに言いだした。20イエスは言われた。「この十二人の中のひとりで、わたしといっしょに鉢に浸している者です。21確かに、人の子は、自分について書いてあるとおりに、去って行きます。しかし、人の子を裏切るような人間はわざわいです。そういう人は生まれなかったほうがよかったのです。」)

 このようにBibleは...主イエスをお金で売ってしまった使徒ユダは、敬虔な信仰生活を送っていた時は、大金持ちでなくとも、大小の神の恵みと純粋なJesusFamilyの友愛を感じ取れていたので、いつもHolySpiritと幸福感に満ちており、多くの人々からも尊敬されていたと、教え説きます。

 実際ユダは、イエスを裏切って得た お金を手にすると、神信仰と多くの仲間たちからの信頼も失って、結局後悔して、自殺してしまうのです。

 聖書は、お金を愛して頼る人に、たとえ 生活の余裕が得られたとしても欲望にはキリはなく、永遠の幸福感など不可能だと教え説きます。

・ローマ信徒への手紙10:11

『聖書はこう言っています。「主イエスに信頼する者は、失望させられることがない。」』

 しかし聖書は、JesusLoveとJesusSpiritに希望を置く者だけには、永遠の幸福感が与えられると、教え説くのです。なぜなら人は皆、肉体の死後、お金や大切な宝物でさえも、全てを手放して、神の御元にいかなければならないからです。

・マタイの福音書6:31,33,34

『そういうわけだから、何を食べるか、何を飲むか、何を着るか、などと生活のことで心配するのはやめなさい。神の国と神の義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、それに加えて、あなたの必要はすべて与えられます。だから、あすのための心配は無用なのです。』

 あなたには、何か執着し過ぎている物事や心配事はありませんか?

 Bibleは、すべての問題を主イエスに祈り任せるくらいが、ちょうどいいと教えているのです。あなたに与えられるバランスの整った心霊と、神の不思議な助けに期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たして、日々のBible&メッセージで心霊のバランスを整えて祈らせ、心配し過ぎたり、執着し過ぎないように助け導いて下さい。

 そうすれば皆に、神の不思議な助けが与え続けられるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「