• sgbc-devotion

マルコの福音書14:1~2

2015年4月1日(水)

Bible said

『幸いなことよ。神の知恵を見いだす人は』

『主の教えを喜びとし、昼も夜もその教えを口ずさむ人は、何をしても栄える』

『心を尽くして主に拠り頼め. 自分の悟りに頼るな』

ディボーション聖句

マルコの福音書14:1~2

1さて、過越の祭りと種なしパンの祝いが二日後に迫っていたので、祭司長、律法学者たちは、どうしたらイエスをだまして捕らえ、殺すことができるだろうか、とけんめいであった。

2彼らは、「祭りの間はいけない。民衆の騒ぎが起こるといけないから」と話していた。

[聖句メッセージ]

 本日からマルコの福音書は14章です。

・マタイの福音書26:1~2

『イエスは、弟子たちに言われた。「あなたがたの知っているとおり、二日たつと過越の祭りになります。そして、人の子イエスは十字架につけられるために捕らえられて、引き渡されます。」』

1~2節 (1さて、過越の祭りと種なしパンの祝いが二日後に迫っていたので、祭司長、律法学者たちは、どうしたらイエスをだまして捕らえ、殺すことができるだろうか、とけんめいであった。2彼らは、「祭りの間はいけない。民衆の騒ぎが起こるといけないから」と話していた。)

 主イエスの世界人類の贖罪の預言通り、ユダヤの権力者たちは、無実のイエスを罠に陥れて、殺す計画を進めていきます。

 1節『過越の祭り』の起源は...1957年アカデミー賞作品賞ノミネート「十戒」を見るとよく分かります。

 『過越の祭り』は 紀元前1513年頃、異教徒エジプトの奴隷状態にあった神の選民ユダヤ人たちが、神に選ばれし預言者・モーセの語られるみことばにより、奇跡的にエジプトを脱出して自由を勝ち取った、神の恵みを記念したお祭りです。

 尚「過越し」の意味は...神の預言者モーセのみことばに反抗し続けたエジプト人たちに、災いの天使が襲いかかり、エジプト人たちの初子が全員殺されてしまう惨事が起こりました。

 しかし その時、神のみことばに従って、家の門口に子羊の血を塗っていた信仰者(ユダヤ人)の家だけは、その災いや呪いが全く過越したのです。

 この呪いや災いが過ぎ越した、神の救いと恵みを記念して、八日間(春先)祝うのが過越しの祭りです。

 1節『種なしパンの祝い』は...過越の祭りの直後の1週間、パン種(イースト菌)を入れないパンを食べて、出エジプトの神の奇跡的な救いを覚え、神様に感謝するお祝いになります。

 このパン種(イースト菌)を入れないパンを食べる由来は...出エジプトの時、神の民達は脱出の準備のため、パン種を入れてパンをゆっくり膨らませてから、食べる暇がなかったので、彼らは小麦粉と水を混ぜて焼いただけのパンを食べていたことに由来しているのです。

・ヨブ記5:19

『神は六つの苦しみから、神を信じる あなたを救い出し、七つ目のわざわいは、神を信じるあなたには触れない。』

・詩篇91:10~13

『わざわいは、主を信じる あなたにふりかからず、やみも、あなたの天幕に近づかない。まことに主は、あなたのために、御使いたちに命じて、すべての道で、あなたを守るようにされるから。天の御使いらは、その手で、あなたをささえ、あなたの足が石に打ち当たることのないようにする。そしてあなたは、敵を踏みつけ、若獅子と蛇とを踏みにじろう。』

・ローマ信徒への手紙8:1~2

『こういうわけで、今は、キリスト・イエスを信じる者が罪に定められることは決してありません。なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを解放したからです。』

・ローマ信徒への手紙8:31

『このように神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。』

 1~2節,このように聖書は、Bible&Jesusを信じたあなたは、すでに神の養子とされているので、永遠の滅びや災いや闇の勢力は及ばないと、ハッキリ約束してくれます。

 こうして、日々のBible&メッセージの糧を蓄えながら、祈り続けているあなたには、目に見えずとも、天使の特別な守りがあると教えてくれるのです。

 主イエスの十字架は、あなたを永遠にゆるして守り、あなたの聖霊は、あなたを見捨てずに、いつも助け導いてくれると、約束してくれています。

 このVIP待遇を生かして、父なる神様の期待に応える人生を大切に生きることです。

 あなたの人生が、神の期待に応えられる、素晴らしい人生となることを 信じて祈ります。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たして、日々のBible&メッセージを正しく蓄えさせ、祈らせて、実践適用できるように助け導いて下さい。

 そうすれば皆に、主イエスの特別なゆるしと、天の御使いの奇跡的な助けが、絶えず与えられるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「