• sgbc-devotion

マルコの福音書8:1~12

2015年3月1日(日)

GOD said

『あなたは癒された』

『愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい』

『神は愛です』

『主のしもべは栄える』

ディボーション聖句

マルコの福音書8:1~12

1そのころ、また大ぜいの人の群れが集まっていたが、食べる物がなかったので、イエスは弟子たちを呼んで言われた。

2「かわいそうに、この群衆はもう三日間もわたしといっしょにいて、食べる物を持っていないのです。

3空腹のまま家に帰らせたら、途中で動けなくなるでしょう。それに遠くから来ている人もいます。」

4弟子たちは答えた。「こんなへんぴな所で、どこからパンを手に入れて、この人たちに十分食べさせることができましょう。」

5すると、イエスは尋ねられた。「パンはどれぐらいありますか。」弟子たちは、「七つです」と答えた。

6すると、イエスは群衆に、地面にすわるようにおっしゃった。それから、七つのパンを取り、感謝をささげてからそれを裂き、人々に配るように弟子たちに与えられたので、弟子たちは群衆に配った。

7また、魚が少しばかりあったので、そのために感謝をささげてから、これも配るように言われた。

8人々は食べて満腹した。そして余りのパン切れを七つのかごに取り集めた。

9人々はおよそ四千人であった。それからイエスは、彼らを解散させられた。

10そしてすぐに弟子たちとともに舟に乗り、ダルマヌタ地方へ行かれた。

11パリサイ人たちがやって来て、イエスに議論をしかけ、天からのしるしを求めた。イエスをためそうとしたのである。

12イエスは、心の中で深く嘆息して、こう言われた。「なぜ、今の時代はしるしを求めるのか。まことに、あなたがたに告げます。今の時代には、しるしは絶対に与えられません。」

[聖句メッセージ]

 本日からマルコの福音書は8章です。

・エペソの手紙2:18~19

『私たちは、このキリストによって、両者ともに一つの御霊において、父なる神様のみもとに近づくことができるのです。こういうわけで、あなたがたは、もはや他国人でも寄留者でもなく、今は聖徒たちと同じ天国民であり、神の家族なのです。』

・ルカの福音書10:20

主イエスは言われた。

『ただ、あなたがたの名が天国に書きしるされたことを喜びなさい。』

・ピリピの手紙3:20

『主イエスを信じた、私たちの国籍は天国にあります。』

1~3節 (1そのころ、また大ぜいの人の群れが集まっていたが、食べる物がなかったので、イエスは弟子たちを呼んで言われた。2「かわいそうに、この群衆はもう三日間もわたしといっしょにいて、食べる物を持っていないのです。3空腹のまま家に帰らせたら、途中で動けなくなるでしょう。それに遠くから来ている人もいます。」)

 このように聖書は、Bible&Jesusからの神の遺言(みことば)を信じて 神の養子とされた人たちは皆、主イエスの十字架上で流された血縁関係による「神の家族」であり、「永遠の天国人」だと教え説きます。もう、あなたは肉体の死後、ただ、灰になって消え去るだけの存在ではなく、また、他のものに生まれ変わる必要などもなく、立派な天国民として永遠に登録されたと、聖書は契約してくれたのです。

 聖書は、主イエスを信じたあなたの心霊には、すでに、神様と同じ聖霊(HolySpirt)が流れていると教え説きます。胸に書き記して下さい。

・ヨハネの福音書15:9~12

主イエスは言われた。

『父なる神がわたしを愛されたように、わたしもあなたがたを愛しました。わたしの愛の中にとどまりなさい。もし、あなたがたがわたしの戒めを守るなら、あなたがたはわたしの愛にとどまるのです。

それは、わたしがわたしの父なる神の戒めを守って、わたしの父なる神の愛の中にとどまっているのと同じです。わたしがこれらのことをあなたがたに話したのは、わたしの喜びがあなたがたのうちにあり、あなたがたの喜びが満たされるためです。

わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合うこと、これがわたしの一番大切な戒めです。』

・マルコの福音書12:33

主イエスは命じた。

『「心を尽くし、知恵を尽くし、力を尽くして主を愛し、また隣人をあなた自身のように愛しなさい。」このみことばは、どんなことよりも、一番すぐれています。』』

4~9節 (4弟子たちは答えた。「こんなへんぴな所で、どこからパンを手に入れて、この人たちに十分食べさせることができましょう。」5すると、イエスは尋ねられた。「パンはどれぐらいありますか。」弟子たちは、「七つです」と答えた。6すると、イエスは群衆に、地面にすわるようにおっしゃった。それから、七つのパンを取り、感謝をささげてからそれを裂き、人々に配るように弟子たちに与えられたので、弟子たちは群衆に配った。7また、魚が少しばかりあったので、そのために感謝をささげてから、これも配るように言われた。8人々は食べて満腹した。そして余りのパン切れを七つのかごに取り集めた。9人々はおよそ四千人であった。それからイエスは、彼らを解散させられた。)

 この時に集まっていた四千人の人々も、三日前にイエスのBible&メッセージを聞いて救われてから、このイエスのみことば通りに、初対面の人々たちを 同じ天国人で、神の家族として受け入れ合い、三日間、親交を深めようとしていたのです。

 そして、彼らは父なる神とイエスや、天国人同志を愛そうとするがゆえに、三日間、誰一人帰ろうとせずに、神愛と友愛を深めていたのです。

 このように彼らは、形式的な宗教関係ではなく、イエスの教える、純粋な愛の共同体を造ろうと努めたのです。彼らの心霊には、堅苦しいご利益宗教心や、二心で偽善的な愛などなく、彼らの真心と霊魂を占めていたのは、純粋にJesusとJesusFamilyを大切に愛そうとする建設的な友愛心と、天国の喜びに満ちたHolySpirtだったのです。

 神の愛と隣人愛を深めるためには、時には、バカに徹することも重要なのです。

・第一ヨハネの手紙4:8

『愛のない者に、神はわかりません。なぜなら神は愛だからです。』

 Jesus信仰の基盤は、同じ天国民たちとの永遠の友愛、家族愛、隣人愛と、命を捨ててまで 愛し救ってくれたJesusとの相思相愛関係によるのです。

 あなたは、キリスト教という宗教をしようとしていませんか?そして、JesusFamilyと深い友愛関係、神の家族関係を築くことを怠ったり、それを恐れていませんか?

 それでは、結局、気を遣い合う関係性にとどまり、心一つに祈ることは困難です。揺るがぬ愛は、個々の違いを受け入れ合って、いつも許し合い、それぞれが絆を深めようとし合う向上心がなければ、立ち行きません。

 同じ信仰など...ただの似た者同士の集団では、やがて、立ちいかなくなるのです。Bible&Jesusの愛のみことばを軸に、イエスの教える友愛関係と神の家族関係を築いてみることです。

 Bible&Jesusの教える愛を実践するところに、神の奇跡と大いなる御業が現れるからです。

・第一ヨハネの手紙4:18~20

『愛には恐れがありません。全き愛は恐れを締め出します。なぜなら恐れには刑罰が伴っているからです。

恐れる者の愛は、全きものとなっていないのです。

私たちは愛しています。神がまず私たちを愛してくださったからです。神を愛すると言いながら兄弟姉妹を憎んでいるなら、その人は偽り者です。

目に見える教会の兄弟姉妹を愛していない者に、目に見えない神を愛することはできません。』

 1~3節,このようにBibleは、見せかけのご利益重視の宗教関係や、聖書で人をさばき合う律法関係を築く人は皆、いつか、大切な仲間とぶつかり合い、裁き合うことになると預言します。

 そして、そういう人たちの周囲の人々は救われず、また神の御業と奇跡は現れないと、警告しているのです。胸に書き記して下さい。

4~9節,この日のイエスも、 Bible&Jesusのみことばをバカなくらいに信頼して、建設的な神の家族関係と友愛関係を表そうと、三日間共に過ごしていた、四千人の友愛心と純粋な信仰心に、心打たれて、イエスはパンの奇跡を起こされたのです。

10~12節 (10そしてすぐに弟子たちとともに舟に乗り、ダルマヌタ地方へ行かれた。11パリサイ人たちがやって来て、イエスに議論をしかけ、天からのしるしを求めた。イエスをためそうとしたのである。12イエスは、心の中で深く嘆息して、こう言われた。「なぜ、今の時代はしるしを求めるのか。まことに、あなたがたに告げます。今の時代には、しるしは絶対に与えられません。」)

 このように主イエスは、神のしるしや証拠ばかり求める人には、神の奇跡は皆無であり、ただただ、Bible&Jesusの教える愛を表現しようとする所に、神は奇跡を施されると言われたのです。

 God is Love...愛を第一にするJesusFamilyに、神様は多く、大きく現れます。

 胸に書き記して下さい。

・マタイの福音書18:19

主イエスは約束した。

『まことに、あなたがたにもう一度、告げます。もし、あなたがたのうちふたりが、どんな事でも、地上で心を一つにして祈るなら、天におられるわたしの父は、それをかなえてくださいます。』

 あなたに現れる、奇跡さえも起こせる、神の家族との友愛関係と、心一つに祈れる信頼関係(絆)に期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Bible&Jesusのみことばを純粋に受け取り、JesusFamilyと見せかけの宗教関係ではなく、真の情熱的な友愛関係と心一つに祈り合える絆を深めさせて下さい。

 そうすれば皆の祈りで、数多くの大きな奇跡が 引き起こせるからです!主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「