• sgbc-devotion

マルコの福音書3:7~12

2015年2月7日(土)

Bible said

『主の教えを喜びとし、昼も夜もその教えを口ずさむ人は、何をしても栄える』

『心を尽くして主に拠り頼め。 自分の悟りにたよるな』

『幸いなことよ。神の知恵を見いだす人は』

ディボーション聖句

マルコの福音書3:7~12

7それから、イエスは弟子たちとともに湖のほうに退かれた。すると、ガリラヤから出て来た大ぜいの人々がついて行った。また、ユダヤから、

8エルサレムから、イドマヤから、ヨルダンの川向こうやツロ、シドンあたりから、大ぜいの人々が、イエスの行っておられることを聞いて、みもとにやって来た。

9イエスは、大ぜいの人なので、押し寄せて来ないよう、ご自分のために小舟を用意しておくように弟子たちに言いつけられた。

10それは、多くの人をいやされたので、病気に悩む人たちがみな、イエスにさわろうとして、みもとに押しかけて来たからである。

11また、汚れた霊どもが、イエスを見ると、みもとにひれ伏し、「あなたこそ神の子です」と叫ぶのであった。

12イエスは、ご自身のことを知らせないようにと、きびしく彼らを戒められた。

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

7~11節 (7それから、イエスは弟子たちとともに湖のほうに退かれた。すると、ガリラヤから出て来た大ぜいの人々がついて行った。また、ユダヤから、8エルサレムから、イドマヤから、ヨルダンの川向こうやツロ、シドンあたりから、大ぜいの人々が、イエスの行っておられることを聞いて、みもとにやって来た。9イエスは、大ぜいの人なので、押し寄せて来ないよう、ご自分のために小舟を用意しておくように弟子たちに言いつけられた。10それは、多くの人をいやされたので、病気に悩む人たちがみな、イエスにさわろうとして、みもとに押しかけて来たからである。11また、汚れた霊どもが、イエスを見ると、みもとにひれ伏し、「あなたこそ神の子です」と叫ぶのであった。)

 Bible&Jesusは、殆どの人々は、自分がなぜ生きており、どのように思考しながら生きれば、ベストな人生を築けるのか?

 また、自分が何者で、何をすべきであり、一体、どこに向かおうとしているのか?

 それさえ、知らないで生きていると、説いています。

 あなたは、実際どうでしょう?

 そして聖書は、多くの人々は神の存在の有無や、絶対的な真理と正義と真の愛や、人生と死の本当の意味も分からずに、試練と病気に苦しみもだえながら、人生を彷徨うしかない羊のようだと、教え説くのです。

 あなたは、これら全ての謎の応答を手に入れて救われるために、父なる神様からBible&Jesusのみことばを贈られたのです。

 信じて求める者にだけ、神の奥義と人生と死の秘密は、解き明かされるのです。胸に書き記して下さい。

・マタイの福音書9:35~38

『それから、イエスは、すべての町や村を巡って、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、あらゆる病気、あらゆるわずらいをいやされた。また、群衆を見て、羊飼いのない羊のように弱り果てて倒れている彼らをかわいそうに思われた。

そのとき、弟子たちに言われた。

「収穫は多いが、働き手が少ない。

だから、収穫の主に、収穫のために働き手を送ってくださるように祈りなさい。」』

 7~11節,今日の聖句は、イスラエル全土から、神の癒しと永遠の救いを求める人々が主イエスの周りに集まりましたが、実は、彼らは神の奥義と、人生と死の秘密を知らされるために、神様に集められていたと説いています。

 そして、こうして聖書のみことばを目にしているあなたも、主イエスに救われて、永遠の真理と神の奥義を手に入れるために、神様に選ばれた人だと、教えるのです。

・マタイの福音書22:14

主イエスは言われた。

『神様に招待される者は多いが、選ばれる者は少ないのです。』

・ヨハネの福音書14:6

『イエスは言われた。

「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父なる神様のみもとに来ることはできません。」

 7~11節,このように主イエスを信じる者は、必ず、救われるのです。

・マタイの福音書8:20

『イエスは言われた。「狐には穴があり、空の鳥には巣があるが、人の子イエスには枕する所もありません。」』

・ローマ信徒への手紙12:2

『目を醒まして、この世と調子を合わせてはいけません。

いや、むしろ、神のみこころは何か、すなわち、何が良いことで、神に受け入れられ、完全であるのかをわきまえ知るために、心の一新によって自分を変えなさい。』

 7~11節,またBibleは、父なる神様に選ばれて 主イエスのような働きをする人(クリスチャン)達や、神の奇跡を任される者は数少なく、その働き人たちが休む暇もないほど、世界人類の殆どの人々の心霊は傷つき、眠っているとまで教え説きます。

・マタイの福音書10:16

主イエスは言われた。

『いいですか。わたしが、あなたがたを遣わすのは、狼の中に羊を送り出すようなものです。ですから、蛇のようにさとく、鳩のようにすなおでありなさい。』

・第一ペテロの手紙5:8~9

『身を慎み、目をさましていなさい。あなたがたの敵である悪魔が、ほえたける獅子のように、食い尽くすべきものを捜し求めながら、歩き回っています。

堅く信仰に立って、この悪魔に立ち向かいなさい。

ご承知のように、世にあるあなたがたの兄弟である人々は同じ苦しみを通って来たのです。』

・出エジプト記23:22

神は約束された。

『しかし、もしみことばに確かに聞き従い、わたしが告げるみことばを ことごとく行うなら、わたしはあなたの敵には敵となり、あなたの仇には仇となろう。』

12節 (12イエスは、ご自身のことを知らせないようにと、きびしく彼らを戒められた。)

 このようにBible&Jesusは、どんな時も、どんな関係さえも、主のみことばを軸にして 生活習慣と人間関係を築くのなら、主なる神様はあなたの敵には敵となるとまで、約束してくれています。

 少しでも多くの人々に、Bible&Jesusの真理と救いを証し続けようとし続ければ、それだけで良いだけなのです。

あなたの人生に現れる、無敵な神の味方に期待します。AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、聖書のみことばから神の奥義と、人生と死の秘密を解き明かして下さい。

 そうすれば皆の人生に、永遠の希望と使命感が宿り続けるからです!

 主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「