• sgbc-devotion

マタイの福音書27:1~10

2015年1月22日(木)

Jesus said 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 ディボーション聖句 マタイの福音書27:1~10 1 さて、夜が明けると、祭司長、民の長老たち全員は、イエスを死刑にするために協議した。 2 それから、イエスを縛って連れ出し、総督ピラトに引き渡した。 3 そのとき、イエスを売ったユダは、イエスが罪に定められたのを知って後悔し、銀貨三十枚を、祭司長、長老たちに返して、 4 「私は罪を犯した。罪のない人の血を売ったりして」と言った。しかし、彼らは、「私たちの知ったことか。自分で始末することだ」と言った。 5 それで、彼は銀貨を神殿に投げ込んで立ち去った。そして、外に出て行って、首をつった。 6 祭司長たちは銀貨を取って、「これを神殿の金庫に入れるのはよくない。血の代価だから」と言った。 7 彼らは相談して、その金で陶器師の畑を買い、旅人たちの墓地にした。 8 それで、その畑は、今でも血の畑と呼ばれている。 9 そのとき、預言者エレミヤを通して言われた事が成就した。「彼らは銀貨三十枚を取った。イスラエルの人々に値積もりされた人の値段である。 10 彼らは、主が私にお命じになったように、その金を払って、陶器師の畑を買った。」 [聖句メッセージ] 本日からマタイの福音書は27章です。 1~2節,以下は...神からの救い主イエスキリストが世界人類の罪、咎、過ちを贖うために、無実なのに罰せられ、ムチ打たれて苦しめられて、殺されると 預言している聖句です。 この預言は、主イエスへの懲らしめと打ち傷と、いけにえの死こそが、信じる人々を癒し救う、神の贖いのご計画だと、教え説いているのです。 イザヤ書53:4~6,10~12『まことに、彼は私たち人間の病を負い、私たち人間の痛みをになってくれた。 だが、私たちは思った。彼は罰せられ、神に打たれ、苦しめられたのだと。 しかし、それは違った。彼は、私たち人間のそむきの罪のために刺し通され、私たち人間の罪と咎のために砕かれた。 彼への懲らしめが私たちに平安をもたらし、彼の打ち傷によって、私たちはいやされる。 私たち人間はみな、人生を羊のようにさまよい、おのおの、自分勝手な滅びの道に向かって行った。 しかし、主なる神は、私たちのすべての罪と咎を彼に負わせられた。 しかし、彼を砕いて、痛めることは主のご計画であった。 もし彼が、ご自分のいのちを罪過のためのいけにえとするなら、彼は永遠に、神の子孫たちを見ることができ、主の救いのご計画は、ただ彼によって成し遂げられる。 彼は、ご自分のいのちの激しい苦しみのあとを見て、満足する。 神の正しいしもべは、そのみことばの知識によって義とされ、神のしもべたちの罪と咎を彼がになう。それゆえ、わたしたちは、多くの人々に彼のみことばの救いを伝える。 彼がご自分のいのちを死に明け渡し、神にそむいた人たちとともに数えられたからである。 そして、彼は多くの人の罪を負い、そむいた人たちのために永遠にとりなしをする。』 1~2節,そして、主イエスの十字架の贖罪を信じた人は皆、死後に蘇り、永遠の神の国「天国」行きが約束されるのです。 マルコの福音書8:31 主イエスは預言された。 『「人の子イエスは必ず多くの苦しみを受け、長老、祭司長、律法学者たちに捨てられ、殺され、三日の後によみがえらなければならない。」』 3節,そして以下の聖句は、主イエスの12弟子の使徒ユダが、イエスを30枚の銀貨で裏切ることを預言していた聖句です。 ゼカリヤ書11:12~14『「あなたがたがよいと思う賃金を 私に払いなさい。」すると彼らは、私の賃金として、銀三十シェケルを量り与えた。主は私に仰せられた。「彼らによってわたしが値積もりされた尊い価を、陶器師に投げ与えよ。」 そこで、私は銀三十枚を取り、それを主の宮の陶器師に投げ与えた。 そして私は、結合という私のもう一本の杖を折った。これはユダとイスラエルとの間の兄弟関係を破り、裏切るためであった。』 マタイの福音書26:24 イエスは預言した。 『人の子イエスを裏切るような人間はわざわいです。 そういう人は生まれなかったほうがよかったほどです。』 3~5節,わずか銀貨30枚(現在の約110万円程度)で、生活全般の面倒を見てくれた恩人・主イエスと、大切な仲間たちを裏切ったユダは、後悔しても後悔しきれず、イエスの十字架刑と同じ日に首吊り自殺をしてしまいました。 マタイの福音書12:32 主イエスは言われた。 『聖霊に逆らうことを言う者は、だれであっても、 この世であろうと次に来る世であろうと、赦されません。』 3~5節,聖書は、このユダのように、Bible&Jesusのゆるしと救いに 逆らい続ける人は、生まれてこなかった方がましだと、教え説きます。 HolySpiritの宝庫である Bibleのみことばだけには、逆らい続けないことが重要なのです。 Bible&Jesusのみことばとは、実は、神そのものでもあります。初心を忘れないことです。 6~10節,そしてユダヤ教祭司たちは、自殺したユダの銀貨30枚で、旧約聖書「エレミヤ書」のみことば通りに、陶器師の所有する畑を購入して、外国からの旅人や外国から移住してきた外国人専用の墓地を購入しました。 箴言16:20『みことばに心を留める者は幸いを見つけられる。主に拠り頼む者は幸いになれる。』 出エジプト記20:6 神様は約束された。 『わたしを愛し、わたしのみことばの命令を守る者には、恵みを1000代先にまで施すからである。』 8~10節,もし あなたとご家族に、神からの永続的な幸運と、神の絶対的な味方が必要ならば、 日々のBibleメッセージ(ディボーション)を第一にして、生活習慣と人間関係を 微調整しながら生きることです。 そういう人に、神の不思議は起こり続けるからです。 あなたの人生に多く現れる、神の奇跡と願いごとの成就に期待します。AMEN (祈り) 主なる神様、皆を聖霊に満たし、日々のBibleメッセージ(ディボーション)を大切にして、生活習慣と人間関係を築けるようにしてあげて下さい。 そうすれば 皆の生活に、神の奇跡と願い事の成就が 多く現れ出すからです! 主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「