• sgbc-devotion

マタイの福音書25:14~31

2015年1月13日(火)

Bible said 『主を恐れることは、知恵の初め。』 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 ディボーション聖句 マタイの福音書25:14~31 14 天の御国は、しもべたちを呼んで、自分の財産を預け、旅に出て行く人のようです。 15 彼は、おのおのその能力に応じて、ひとりには五タラント、ひとりには二タラント、もうひとりには一タラントを渡し、それから旅に出かけた。 16 五タラント預かった者は、すぐに行って、それで商売をして、さらに五タラントもうけた。 17 同様に、二タラント預かった者も、さらに二タラントもうけた。 18 ところが、一タラント預かった者は、出て行くと、地を掘って、その主人の金を隠した。 19 さて、よほどたってから、しもべたちの主人が帰って来て、彼らと清算をした。 20 すると、五タラント預かった者が来て、もう五タラント差し出して言った。『ご主人さま。私に五タラント預けてくださいましたが、ご覧ください。私はさらに五タラントもうけました。』 21 その主人は彼に言った。『よくやった。良い忠実なしもべだ。あなたは、わずかな物に忠実だったから、私はあなたにたくさんの物を任せよう。主人の喜びをともに喜んでくれ。』 22 二タラントの者も来て言った。『ご主人さま。私は二タラント預かりましたが、ご覧ください。さらに二タラントもうけました。』 23 その主人は彼に言った。『よくやった。良い忠実なしもべだ。あなたは、わずかな物に忠実だったから、私はあなたにたくさんの物を任せよう。主人の喜びをともに喜んでくれ。』 24 ところが、一タラント預かっていた者も来て、言った。『ご主人さま。あなたは、蒔かない所から刈り取り、散らさない所から集めるひどい方だとわかっていました。 25 私はこわくなり、出て行って、あなたの一タラントを地の中に隠しておきました。さあどうぞ、これがあなたの物です。』 26 ところが、主人は彼に答えて言った。『悪いなまけ者のしもべだ。私が蒔かない所から刈り取り、散らさない所から集めることを知っていたというのか。 27 だったら、おまえはその私の金を、銀行に預けておくべきだった。そうすれば私は帰って来たときに、利息がついて返してもらえたのだ。 28 だから、そのタラントを彼から取り上げて、それを十タラント持っている者にやりなさい。』 29 だれでも持っている者は、与えられて豊かになり、持たない者は、持っているものまでも取り上げられるのです。 30 役に立たぬしもべは、外の暗やみに追い出しなさい。そこで泣いて歯ぎしりするのです。 31 人の子が、その栄光を帯びて、すべての御使いたちを伴って来るとき、人の子はその栄光の位に着きます。

[聖句メッセージ] 昨日の続きです。

14節

 本日の主イエスのたとえ話を解き明かしていきましょう。イエスは以下のように言われました。  「神の国の価値観と、神と人間との関係性について、話しておきましょう。父なる神様は、天地万物を創造してから人を造り、個々に生命と、神に似た霊性と愛力や、何らかの才能をふきこみ、Bibleのみことばと預言を語るための聖職者やクリスチャンを配置するよるに定められてから、全権を世界人類に任されて、神の国に戻られました。」

15節

 「タラント」とは、当時の古代ローマ帝国の通貨単位。

 また この聖句の「『能力に応じて』、個々にタラントを預けた」という意味である「神からの賜物」から、英語のtalent(才能、能力)の語源となったのです。  あなたの顔、カタチやすべての才能は、神からの贈り物であることを忘れないことです。

  • マルコの福音書12:29~31 イエスは言われた。「人生で一番大切なのはこれです。『神の民よ、聞け。われらの神である主は、唯一の主である。『心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』次に大切なのはこれです。『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』この二つより大事な命令は、ほかにありません。』

 そして、イエスは語り続けました。  「父なる神様は、世界中の人間にそれぞれの神のご計画と神の真理なるみことばを実践させるために、個々に違った才能や使命感と趣向を授けられました。ある人には、神の使命と隣人愛を行うために5つの才能を与え、また、ある人には その使命を行う2つの才能を与え、ある人はその使命を行うために1つの才能を委ねられて、人生を与えられたのです。  人は皆、ただ 飲み食いするための労働のために 生まれた訳ではなく、また 人生は、個々の欲望と快楽を満たすためだけではなく、神様からの使命と、人生の目的が任されているということなのです。」 聖書は、あなたは神と誰かに愛されるために、そして、あなたは神と誰かを愛するために生まれてきたと、教え説きます。  人生で、最も大切なのは愛に生きることだと教え説くのです。  聖書は、あなたへの神のご計画と、あなたの人生の意味と目的を探し出すためにある、あなたの取扱説明書にもなります。  聖書からあなたの神のご計画と運命を探ることです。  あなたに明確に示される、人生の目的と、その神の意図に期待します。

16~18節

 イエスは続けて話された。  「そして、父なる神様から5つの才能を受けた人は、すぐに神のみことばと隣人愛を実行して、5人の人生を助け導きました。  また、2つの才能を任された人も、素直に、神のみことばを実践適用して、2人の人生に愛と良い影響力を与える生活を築いたのです。  しかし、父なる神様から1つの才能を任された人だけは、神の教会から示されたみことばをいつも後回しにしてしまい、神に与えられた愛力と才能を使わずに、毎日を過ごしてしまったのでした。」

19~23節

 イエスは続けた。

 そして、しばらくすると、父なる神様からの人生の決算と、個々の報いの刈り取りの時期がきました。  父なる神様から5つの才能を任された人は、言いました。「父なる神様。私は、神様から与えられた才能と、イエスの教会から語られるみことばの預言のおかげで、5人を救い出すこともできたり、おかげで誇り高き、恵まれた人生を送れています。感謝します!」  すると、父なる神様は言われた。「あなたは、良くやった!実に素直な清い人です!あなたは、いつも地道で、小さなみことばにも忠実であったから、もっと、大きな感動的な報いを与えてあげましょう。」

 神からの2つの才能を いつも発揮していた人も言った。「父なる神様。私も、いつもみことばを第一に祈り、与えられたみことばと才能を用いられたので、今は2人の人を救い導き、みことばを教える、毎日を過ごさせて頂いています。おかげで、私の人生は喜びに満たされており、幸いです。」  そして、主は言われた。「実に良くやった!あなたにも、もっと大きな報いと成功を与えよう。喜んで、受け取りなさい!」

24~31節

 イエスは続けました。

 そこに、神の使命と隣人愛を行うために1つの才能を、神様に任された人も来て言った。  「父なる神様。あなたは、いつも無理難題なみことばを示して、福音を伝える人に悲しい思いをさせるお方なので、私は神の使命と人を救う隣人愛を行う才能を発揮出来ませんでした。あなたは人に伝えれば伝えるほど、仕事や人間関係をやりにくくさせるお方だからです。」  すると、父なる神様は悲しみながら、叱りました。

 「あなたは怠け者で、ズル賢くて悪い人間だ。わたしが 神の使命と人を救う隣人愛のみことばを教え伝える人々を ただ苦しめて、悲しませるだけの神だと、本当に思っているのですか?

 あなたはもっと、天に宝を積む為の奉仕活動や献金活動を 熱心にすべきだった。そうすれば、あなたにも神の奇跡や百倍の報いも与えられたのに!だから、もうあなたに与えた才能と報いは、神を知らない人並みにしてしまいますね。  そして、あなたが受けるべき予定だった、神からの才能と報いは、いつも、素直を心掛けて、5つの才能を使いこなしていた 愛の人に、与えることにします。神の国の奇跡と百倍の報いとは、いつも熱心に求め、探す、愛の人に多く与えられるのです。」  この神の国の価値観と摂理を 胸に書き記すことです。  あなたに与えられる、熱心に求め、探し、叩けるほどの情熱的な愛と信仰の姿勢に期待します。

 AMEN

(祈り)  主なる神様、皆を聖霊に満たし、神様から与えられた使命と、個々の人生の意味と目的を悟らせて下さい。そうすれば 皆、JESUSのように情熱的に生きることができて、いつも、神の愛とみことばを求め、探せるようになり、多くの神の奇跡と百倍の報いをも引き出せるからです!  主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「