• sgbc-devotion

マタイの福音書18:21~35

2014年12月18日(木)

Jesus said 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 ディボーション聖句 マタイの福音書18:21~35 21 そのとき、ペテロがみもとに来て言った。「主よ。兄弟が私に対して罪を犯した場合、何度まで赦すべきでしょうか。七度まででしょうか。」 22 イエスは言われた。「七度まで、などとはわたしは言いません。七度を七十倍するまでと言います。 23 このことから、天の御国は、地上の王にたとえることができます。王はそのしもべたちと清算をしたいと思った。 24 清算が始まると、まず一万タラントの借りのあるしもべが、王のところに連れて来られた。 25 しかし、彼は返済することができなかったので、その主人は彼に、自分も妻子も持ち物全部も売って返済するように命じた。 26 それで、このしもべは、主人の前にひれ伏して、『どうかご猶予ください。そうすれば全部お払いいたします』と言った。 27 しもべの主人は、かわいそうに思って、彼を赦し、借金を免除してやった。 28 ところが、そのしもべは、出て行くと、同じしもべ仲間で、彼から百デナリの借りのある者に出会った。彼はその人をつかまえ、首を絞めて、『借金を返せ』と言った。 29 彼の仲間は、ひれ伏して、『もう少し待ってくれ。そうしたら返すから』と言って頼んだ。 30 しかし彼は承知せず、連れて行って、借金を返すまで牢に投げ入れた。 31 彼の仲間たちは事の成り行きを見て、非常に悲しみ、行って、その一部始終を主人に話した。 32 そこで、主人は彼を呼びつけて言った。『悪いやつだ。おまえがあんなに頼んだからこそ借金全部を赦してやったのだ。 33 私がおまえをあわれんでやったように、おまえも仲間をあわれんでやるべきではないか。』 34 こうして、主人は怒って、借金を全部返すまで、彼を獄吏に引き渡した。 35 あなたがたもそれぞれ、心から兄弟姉妹を赦さないなら、天のわたしの父も、あなたがたに、このようになさるのです。」 [聖句メッセージ] 本日でマタイの福音書18章は終わりです。

21~22節

  • マタイの福音書16:14~15 主イエスは言われた。『もし、あなたが人の罪を赦すなら、あなたがたの天の父なる神様もあなたがたを赦してくださいます。しかし、人を赦さないなら、あなたがたの父なる神様もあなたがたの罪をお赦しになりません。』

  • マルコの福音書2:10 主イエスは言った。『人の子イエスが地上で、すべての罪を赦す権威を持っていることを、あなたがたに知らせるためです。』

 このようにBible&Jesusは、もし あなたが、たとえ、極悪人から、信じられないほどのひどい仕打ちや裏切りを受けたとしても、また何があっても、絶対的にゆるしたほうが、あなたの人生の得策だと教え説きます。あなたの神様は、他人から騙された人や、ひどい仕打ちを受けても、ゆるそうとこらえる人の味方なのです

  • ローマ信徒への手紙12:20~21 『もしあなたの敵が飢えたなら、彼に食べさせなさい。渇いたなら、飲ませなさい。そうすることによって、あなたは彼の頭に燃える炭火を積むことになるのです。悪に負けてはいけません。かえって、善をもって悪に打ち勝ちなさい。』

 なぜならBible&Jesusは、いくら真理や真の愛を伝えても通らない、頑固で無知な悪人に対して、同じ悪で対抗するのならば、同様の悪人に落ち込んで、共倒れしかねないからだと、あなたを心配してくれているからです。 時に、他人をゆるすことは、非常につらい心情を伴いますが、自らの心霊を守るため、そして、あなたの将来の為にも、人をゆるす戦いに勝利して下さい主なる神様は「ゆるす 」あなたに、必ず報いて下さるお方だからです。

  • ローマ信徒への手紙12:19 『愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい。それは、こう書いてあるからです。「復讐はわたしのすることである。わたしが報いをする、と主は言われる。」

  • 第二テモテの手紙3:12~13 『確かに、キリスト・イエスにあって敬虔にみことばで生きようと願う者はみな、迫害を受けます。しかし、悪人や二心の詐欺師たちは、だましたりだまされたりしながら、ますます悪に落ちて行くのです。』

 このようにBibleは、もしあなたが 主イエスを信頼して「ゆるす」ことを選択するのならば、神様が必ず、あなたの怒りと嘆きの報復をしてくれるとまで、約束してくれます  Bibleで...あなたの神様は、真理を選択し続けようとする 神の子の味方になり続けると約束してくれますが、神の子を傷つけて、悪事をやめない人は皆、いつか、必ず自滅すると預言しています。 これらのBibleの約束と預言を信じて、むしろ喜んで、人をゆるすことです

23~24節

 この『タラント』とは、当時の古代ローマ帝国の通貨単位。尚、当時の1タラントとは、同じ古代ローマ帝国の銀貨に換算すると6000デナリ。当時の1デナリは、労働者の一日分の給料に相当するので、1デナリを一日1万円と見積もれば、1タラントは6000万円となり、一万タラントは6000億円となります。

24~27節

 主イエスは以下のように、神の国のたとえ話を語りました。  「神の国の価値観と真理を教えましょう。王様が、ある しもべを信頼して、6000億円もの多額の投資をしました。それを元手に、利益を得るようにと投資されたのです。そして、決算の時がきました。  しかし、そのしもべは信じられないほど、大きな損害をおこしてしまい、王様に返済することができなかったのです。  そして、しもべは王様に謝罪しました。「自分の家族やすべての持ち物を売り払って、なんとか、ご返済します。どうか、お許しとご猶予を下さい!」  すると、寛大な王様は、真心から悔い改めていた しもべを哀れみ、すべての負債を免除してまで、ゆるしてあげたのです。」

王様のゆるしと免除...これが神の愛、哀れみです。

主イエスを信じて、真心からゆるしを求める人は皆、十字架で贖われて、神と和解できるのです。

28~34節

 主イエスは続けて、たとえ話をされた。  「また、のちに、王様に6000億円もの借金をゆるされて、免除された しもべが、友人に100万円のお金を貸した。しかし、その友人は、王のしもべに借金を返せなかったのです。

 友人は、真心から王のしもべに謝罪したが、王のしもべは暴力を振るい、それでも許せずに、友人を訴えたあげく、牢獄に入れてしまったのです。  そして、それを見て悲しんだ、王のしもべの仲間たちは、すべてを王様に報告しました。  王様は、しもべを呼びつけて、6000億円もの負債を免除してあげたのに、あなたは、わずか100万円の借金のことで、大切な友人に暴力を振るい、訴えて牢獄に入れました。わたしも、あなたに同じことをしましょう。6000億円全額を返せるまで、あなたも牢獄に入りなさい。」

35節

  • ヨハネの福音書20:23 主イエスは言った。『あなたがたが、だれかの罪を赦すなら、その人の罪は父なる神様に赦され、あなたがたがだれかの罪をそのまま残すなら、それはそのまま、罪として残ります。』

 このようにBible&Jesusは、真心から謝罪する人々をゆるさない人や、みことばを重んじるJesusFamilyをゆるせない人は皆、神様にゆるされないと、ハッキリ忠告します。あなたは、真心から謝罪しに来た人や、トラブルのあったJesusFamilyと真心から和解することができていますか? 心を探ることです。  またBibleは、人は皆、父なる神を無視して生きたり、父なる神からの信頼と期待を裏切る、自分勝手な罪人でもあると教え説きます。しかし 父なる神様は、もし あなたが自らの身勝手さと罪、咎を省みて、主イエスを信じるのなら、すべての人生の負債を免除すると、約束してくれました  だからこそ、人生での多くの罪悪、勘違い、過ちを 神様にゆるされて免除された人は皆、他人をゆるすことが大切なのです。  あなたの人間関係に現れる、感動的な和解、回復に期待します。

 AMEN

(祈り)  主なる神様、皆を聖霊で癒し、すべての人間関係に神の愛力を注いで下さい。そうすれば、皆の人間関係に変化が表れ出し、必要な和解と回復が起こり始めるからです!  主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「