• sgbc-devotion

マタイの福音書17:9~13

2014年12月12日(金)

Jesus said 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 『主を恐れることは、知恵の初め。』 ディボーション聖句 マタイの福音書17:9~13 9 彼らが山を降りるとき、イエスは彼らに、「人の子が死人の中からよみがえるときまでは、いま見た幻をだれにも話してはならない」と命じられた。 10 そこで、弟子たちは、イエスに尋ねて言った。「すると、律法学者たちが、まずエリヤが来るはずだと言っているのは、どうしてでしょうか。」 11 イエスは答えて言われた。「エリヤが来て、すべてのことを立て直すのです。 12 しかし、わたしは言います。エリヤはもうすでに来たのです。ところが彼らはエリヤを認めようとせず、彼に対して好き勝手なことをしたのです。人の子もまた、彼らから同じように苦しめられようとしています。」 13 そのとき、弟子たちは、イエスがバプテスマのヨハネのことを言われたのだと気づいた。 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。

9節

  • マタイの福音書13:10~11,13~17 『弟子たちが近寄って来て、イエスに言った。「なぜ、他の人々には、たとえでお話しになったのですか。」イエスは答えて言われた。「神に選ばれたあなたがたには、天の御国の奥義を知ることが許されているが、彼らには許されていません。わたしが彼らにたとえで話すのは、彼らは見てはいるが見ず、聞いてはいるが聞かず、また、悟ることもしないからです。こうしてイザヤの告げた預言が彼らの上に実現したのです。「あなたがたは確かに聞きはするが、決して悟らない。確かに見てはいるが、決してわからない。この民の心は鈍くなり、その耳は遠く、目はつぶっているからである。それは、彼らがその目で見、その耳で聞き、その心で悟って立ち返り、わたしにいやされることのないためである。」しかし、あなたがたの目は見ているから幸いです。また、あなたがたの耳は聞いているから幸いです。まことに、あなたがたに告げます。多くの昔の預言者や義人たちが、あなたがたの見ているものを見たいと、切に願ったのに見られず、あなたがたの聞いていることを聞きたいと、切に願ったのに聞けなかったのです。」

 このようにBibleは、非常に残念なことですが...神に選ばれて、良しとされた人にしか、神の国の秘密やみことばの奥義を悟ることは出来ないと、はっきり教え説きます。人は皆、他人の姿、形や他人の態度や対応を見て、他人を評価します。  しかし、神は人の心の奥深くを見て、選ばれるのです。神に良しと選ばれて、Bible&Jesusのみことばの奥義と神の永遠の秘密を よく理解できている人は、この特権を 神に感謝し続けることです。主イエスに感謝して求め続ける人にだけ、人生を助け導く神の預言と、神の永遠の約束の確信が与えられるからです。  また、Bibleのみことばが よく理解できていない人は、あきらめずに求め続けることです。そうすれば、必ず、神は必要な知恵と永遠の真理を あなたにも授けて下さるからです。

  • マタイの福音書7:6~7 主イエスは言われた。『聖なるものを犬に与えてはいけません。また豚の前に、真珠を投げてはなりません。それを足で踏みにじり、向き直ってあなたがたを引き裂くでしょうから。求めなさい。そうすれば与えられます。捜しなさい。そうすれば見つかります。たたきなさい。そうすれば開かれます。』

 このように主イエスは、まるで 犬のようにあなたや周囲に、へつらってくれる人や、豚のように自らの欲望と快楽のために生きる人は、ある意味、魅力的なのですが...人生で大切な真理、神のご計画を悟れないと教え説きます。主イエスは、そういう他人にばかり、気を遣い過ぎる人や欲望と快楽に捕らわれた人たちに、永遠の真理や神の愛が通じないと預言したのです。  Bibleは、人の正しい評価の仕方とあなたの人生に良い影響と害を与える人を見抜ける、人間取扱説明書。人を見る目を養うことです。

  • マタイの福音書10:16~17 主イエスは言われた。『いいですか。わたしが、あなたがたを遣わすのは、狼の中に羊を送り出すようなものです。ですから、蛇のようにさとく、鳩のようにすなおでありなさい。人々には用心しなさい。』

 このように主イエスは、嘘、偽善と欲望にまみれた、この腐敗した世界で 他人を救う隣人愛を、第一に生き抜くには理想と綺麗ごとではなし得ないと、現実を説いたのです。目を醒ますことです。日々、Bibleから神の知恵と聖霊力を蓄えて、それを祈り思考し続けながら、愛に冷えたこの世の現実を 生き抜く覚悟が必要なのです。  あなたに与えられる、神の特別な助けに期待します。

10~11節

  • 第二列王記2:2 『主なる神は預言者エリヤをたつまきに乗せて天に上げられた。』

  • マラキ書4:5~6 神は預言された。『見よ。わたしは、主の大いなる恐ろしい日が この世界に来る前に、再び、預言者エリヤをあなたがたに遣わす。彼は、父なる神の心を御子に向けさせ、御子の心をその父なる神に向けさせる。それは、わたしが来て、のろいでこの地を打ち滅ぼさないためだ。』

 このように旧約聖書は、腐敗したこの世界には、必ず終末が来ると預言します。目に見える形あるモノには、永遠などあり得ないということです。  そして旧約聖書で、父なる神はこの世の終末の前に、救い主・御子キリストを送ると預言したのです。また、その救い主キリストが表れる直前に、預言者エリヤのような、力強い預言者を送られるとも預言していました。

12~13節

  • マタイの福音書11~14~15 主イエスは言われた。『実はこの人、預言者ヨハネこそ、きたるべきエリヤなのです。だから、耳のある者は彼のみことばに聞きなさい。』

  • マタイの福音書3:1~2 『バプテスマ(洗礼)の預言者ヨハネが現れ、ユダヤの荒野で神の教えを宣べて、言った。「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから。」』

 そして主イエスは、神が送ったエリヤのような預言者とは、洗礼者ヨハネだと教え説いたのです。

  • マルコの福音書1:7 預言者ヨハネは預言した。『もうすぐ、私よりもさらに神の力のあるお方が、おいでになります。私には、かがんでそのお方キリストのくつのひもを解く値うちもありません。そのお方は救い主だからです。』

 そして、神の預言者ヨハネは、主イエスこそが世界人類の救い主だと預言したのです。これらのBibleの預言を 信じるか、信じられないかは あなた次第ですが...やがて、私やあなたも死んでしまい、人々の記憶から消し去られていきます。

 しかし Bibleのみことばは、約2000年以上経った今でも、世界中で神の威力を発揮し続けている事実を忘れてはなりません。大切なのは根拠のない常識感ではなく事実だからです。

 主イエスを信じる者は永遠に救われます。

  • マタイの福音書24:35 主イエスは言われた。『この天地は滅び去ります。しかし、わたしのみことばは決して滅びることがありません。』

  • マタイの福音書5:18 主イエスは言われた。『まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、聖書の律法の中の一点一画でも決してすたれることはありません。全部が成就されます。』

 あなたに与えられる、人生の全ての必要を満たせるBibleの預言や約束と、不可能を可能にできるJesus信仰への確信に期待します。

 AMEN

(祈り)  主なる神様、皆の霊の目を開いて、Bibleから神の知恵、人生の真理、個々に必要な預言と約束を掴ませてください。そうすれば 皆、不可能さえ可能にできる、本物のJesus信仰を手に入れられるからです!  主イエスのお名前で期待して祈ります。AMEN!!!

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.