• sgbc-devotion

クリスチャンが決して失望しない7つの理由

失望してはならないことを教えるために、イエスは彼らに話された。

ルカの福音書18:1~8

1 いつでも祈るべきであり、失望してはならないことを教えるために、イエスは彼らにたとえを話された。

2 「ある町に、神を恐れず、人を人とも思わない裁判官がいた。

3 その町に、ひとりのやもめがいたが、彼のところにやって来ては、『私の相手をさばいて、私を守ってください』と言っていた。

4 彼は、しばらくは取り合わないでいたが、後には心ひそかに『私は神を恐れず人を人とも思わないが、

5 どうも、このやもめは、うるさくてしかたがないから、この女のために裁判をしてやることにしよう。でないと、ひっきりなしにやって来てうるさくてしかたがない』と言った。」

6 主は言われた。「不正な裁判官の言っていることを聞きなさい。

7 まして神は、夜昼神を呼び求めている選民のためにさばきをつけないで、いつまでもそのことを放っておかれることがあるでしょうか。

8 あなたがたに言いますが、神は、すみやかに彼らのために正しいさばきをしてくださいます。しかし、人の子が来たとき、はたして地上に信仰が見られるでしょうか。」

☆クリスチャンが、決して失望しない7つの理由☆

1 時が経てば、必ず、問題は解決すると知っているから。

ガラテヤの手紙6:8

みことばの善を行うのに飽いてはいけません。失望せずにいれば、時期が来て、刈り取ることになるからです。

2 クリスチャンの心には、いつも神の聖霊と愛が同居していると知っているから

ローマ信徒への手紙9:5

この希望は失望に終わることがありません。なぜなら、私たちに与えられた聖霊によって、神の愛が私たちの心に注がれているからです。

3 クリスチャンの希望は、絶対に取り去られないと知っているから。

第1コリントの手紙13:13

いつまでも残るものは信仰と希望と愛です。

4 神様は、あなたの信仰による小さなアクションでさえも、忘れずに報いて下さると知っているから。

ヘブル人への手紙6:10~11

10 神は正しい方であって、あなたがたの行いを忘れず、あなたがたがこれまで聖徒たちに仕え、また今も仕えて神の御名のために示したあの愛をお忘れにならないのです。

11そこで、私たちは、あなたがたひとりひとりが、同じ熱心さを示して、最後まで、私たちの希望について十分な確信を持ち続けてくれるように切望します。

5 クリスチャンの試練は、完全な大人の品性と永遠の希望を獲得する為だと知っているから。

ローマ信徒への手紙5:3~43

そればかりではなく、患難さえも喜んでいます。それは、患難が忍耐を生み出し、

4忍耐が練られた品性を生み出し、練られた品性が希望を生み出すと知っているからです。

6 クリスチャンの祈りは必ず聞かれていると知っているから。

マタイの福音書21:22

あなたがたが信じて祈り求めるものなら、何でも与えられます。

7 クリスチャンは、主イエスの十字架でゆるされ、癒されることを知っているから。

ローマ信徒への手紙8:1〜21

こういうわけで、今はキリスト・イエスにある者が罪に定められる事は決してありません。

2 なぜなら、キリスト・イエスにある、いのちの御霊の原理が、罪と死の原理から、あなたを解放したからです。

ルカの福音書6:19

大きな力がイエスから出て、すべての人をいやしたからである。

☆結論

✳︎ クリスチャンには、永遠に失望などあり得ない。

ローマ信徒への手紙10:11

聖書はこう言っています。「彼に信頼する者は、失望させられることがない。」

使徒の働き2:21

「主の名を呼ぶ者は、みな永遠に救われる。」

以上。

以下は余談。。。

では、

クリスチャンはどう生きれば、神の幸運が味方し続けられるのか。。。

第1テサロニケの手紙5:14~21

14兄弟姉妹たち。あなたがたに勧告します。気ままな者をみことばで戒め、小心な者を励まし、弱い者を助け、すべての人に対して寛容でありなさい。

15だれも悪をもって悪に報いないように気をつけ、お互いの間で、またすべての人に対して、いつも善を行うよう務めなさい。

16いつも喜んでいなさい。

17絶えず祈りなさい。

18すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。

19神の御霊を消してはなりません。

20聖書の預言をないがしろにしてはいけません。

21しかし、すべてのことを見分けて、ほんとうに良いものを堅く守りなさい。

16回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「