• sgbc-devotion

マタイの福音書13:17~23

2014年11月23日(日)

GOD said 『あなたは癒された』 『愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい』

『神は愛です』 『主のしもべは栄える』 ディボーション聖句 マタイの福音書13:17~23 17 まことに、あなたがたに告げます。多くの預言者や義人たちが、あなたがたの見ているものを見たいと、切に願ったのに見られず、あなたがたの聞いていることを聞きたいと、切に願ったのに聞けなかったのです。 18 ですから、種蒔きのたとえを聞きなさい。 19 御国のことばを聞いても悟らないと、悪い者が来て、その人の心に蒔かれたものを奪って行きます。道ばたに蒔かれるとは、このような人のことです。 20 また岩地に蒔かれるとは、みことばを聞くと、すぐに喜んで受け入れる人のことです。 21 しかし、自分のうちに根がないため、しばらくの間そうするだけで、みことばのために困難や迫害が起こると、すぐにつまずいてしまいます。 22 また、いばらの中に蒔かれるとは、みことばを聞くが、この世の心づかいと富の惑わしとがみことばをふさぐため、実を結ばない人のことです。 23 ところが、良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いてそれを悟る人のことで、その人はほんとうに実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結びます。」 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。

17節 (17 まことに、あなたがたに告げます。多くの預言者や義人たちが、あなたがたの見ているものを見たいと、切に願ったのに見られず、あなたがたの聞いていることを聞きたいと、切に願ったのに聞けなかったのです。)

  • 出エジプト記7:1~2 『主はモーセに仰せられた。「見よ。わたしはあなたをエジプトの王パロに対して神とし、あなたの兄アロンはあなたの預言者とする。あなたはわたしの命じるみことばを、みな、人々に語り告げなければならない。」

  • ヘブル人への手紙3:16~19 『預言者モーセからのみことばを聞いていながら反抗して、神の御怒りを引き起こしたのはだれでしたか。モーセに率いられて、敵国エジプトを出た人々の全部ではありませんか。神は四十年の間だれを怒っておられたのですか。罪を犯した人々、しかばねを荒野にさらした、あの人たちをではありませんか。また、わたしの安息に入らせないと神が誓われたのは、ほかでもない、預言者モーセの語るみことばに従おうとしなかった人たちのことではありませんか。それゆえ、彼らが安息の地に入れなかったのは、彼らの不信仰のためであったことがわかります。』

 このようにBibleは、世界人類の救い主イエスキリストが十字架につかれる以前までは、神様から特別な能力を与えられた預言者と祭司以外は、神のみことばの真理、預言、戒め、約束を知ることが出来なかったと、教え説きます。約2000年以上前は、聖職者の語るメッセージでしか、神のみことばを知る術がなかったということです。

  • ローマ信徒への手紙5:10~11 『神の敵であった私たちが、御子イエスの死によって神と和解させられたのなら、和解させられた私たちが、イエスのいのちによって救いにあずかるのは、なおさらのことです。そればかりでなく、私たちのために今や和解を成り立たせてくださった私たちの主イエス・キリストによって、私たちは神を大いに喜んでいるのです。』

 このように主イエスキリストが十字架上で、世界人類の罪と過ちを贖ってくれたおかげで、人は皆、神を無視して生きたことと自らの不完全さを省みて、主イエスの十字架を信じるのなら、神と和解して、神のみことばを直接的に読み、聞くチャンスを受けられるようになったと、言うことです。  あなたは、昔の義人たちが、永遠の成功的人生を得るために、欲しくてたまらなかった聖書を、今は好きなだけ読んだり、大切な仲間たちに教えたりも出来るのです。  神のみことばの啓示を直接読み、聞き、そして人生に活用できる この特別なチャンスを生かすことです。なぜなら、昔の人々は、この聖書を直接、読めなかったので、必要以上の人生の苦難や罰をも強いられたと説くからです。聖書を読み続けて、必要以上の人生のマイナスは避けるべきです。

  • マタイの福音書6:33 主イエスは約束した『だから、神の国と神の義とをまず第一に求めなさい。そうすれば、あなたのすべての必要は与えられます。』

 このように、神のみことばを 第一にして、生活習慣と人間関係を築く人びとのすべての必要は、必ず満たされるとBibleは約束しています。聖書のみことばが、世界中で成就してきたからこそ、この日本にも伝わってきたのです。  この神の奇跡と事実に気づいて、更に活用することです。

18~19節 (18 ですから、種蒔きのたとえを聞きなさい。19 御国のことばを聞いても悟らないと、悪い者が来て、その人の心に蒔かれたものを奪って行きます。道ばたに蒔かれるとは、このような人のことです。)

  • エペソの手紙5:10~12 『終わりに言います。主にあって、その大能の力によって強められなさい。悪魔の策略に対して立ち向かうことができるために、神のすべてのみことばの武具を身に着けなさい。私たちの格闘は血肉に対するものではなく、主権、力、この暗やみの世界の支配者たち、また、天にいるもろもろの悪霊に対するものです。』

 このように主イエスは、みことばを聞いても、それを 素直に悟り行わない人の心霊には、やがて、見えない敵(悪魔)が入り込んでしまい、その人の幸いと奇跡を起こす信仰力や、必ず 実現できる御ことばの約束を盗んでしまうと、説きました。素直な心でBibleと向き合うことです。

20~21節 (20 また岩地に蒔かれるとは、みことばを聞くと、すぐに喜んで受け入れる人のことです。21 しかし、自分のうちに根がないため、しばらくの間そうするだけで、みことばのために困難や迫害が起こると、すぐにつまずいてしまいます。)

 また、人がBibleメッセージを聞いて、喜んで受け入れたとしても、形式的なご利益宗教者ならば、その人には大した神の恵みが現れないので、問題や困難が起きれば、すぐにつまずき、いつの日か人生と死の前で倒れてしまうと、説いています。聖書は、生き様と説得力の伴わない宗教者ほど、虚しい人生はなく、無神論者の死ほど、哀れな死はないと、はっきり教え説きます。  霊の目を醒ますことです。

22節 (22 また、いばらの中に蒔かれるとは、みことばを聞くが、この世の心づかいと富の惑わしとがみことばをふさぐため、実を結ばない人のことです。)

  • 第一ペテロの手紙5:7 『あなたがたの思い煩いを、いっさい神に祈りゆだねなさい。神があなたがたのことを心配してくださるからです。』

  • 第一テモテの手紙6:10 『金銭を愛することが、あらゆる悪の根だからです。ある人たちは、金を追い求めたために、信仰から迷い出て、非常な苦痛をもって自分の人生を刺し通しました。』

 また聖書は、Bible&Jesusのみことばの約束と祈りの力よりも、いつも 現実的な悩み、不安、怒り、恐れと思い煩いを選択してしまう人や、金銭や様々な欲望に捕われ過ぎる人は、神の大きな報いや、人を救う聖霊力と説得力を受けにくく、中途半端な苦しい人生になる恐れがあると、忠告しています。  Bible&Jesusの十字架のみことばを100%信じれば、問題はありません。  神の表れない 行いのない宗教から、生き様の伴ったJesus信仰に切り替えることです。

  • 第一テサロニケの手紙5:16~17 『いつも喜んでいなさい。絶えず祈りなさい。すべての事について、感謝しなさい。これが、キリスト・イエスにあって神があなたがたに望んでおられることです。』

 主イエスは、あなたを助けたくて、そして、あなたにすべてを与えたくて仕方ないお方。だから、わざわざ十字架について、あなたの身代わりに死ぬことで、救ってくれたのです。  ですから、主なる神の存在を いつも喜び、主イエスに祈り期待だけして、先取りの感謝をしながら、生きようとすることです。そうすれば、あなたの敵や災いは退けられます。

23節 (23 ところが、良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いてそれを悟る人のことで、その人はほんとうに実を結び、あるものは百倍、あるものは六十倍、あるものは三十倍の実を結びます。」)

  • マタイの福音書12:29~31 『イエスは答えられた。「一番たいせつなのはこれです。『神の民よ、聞け。われらの神である主は、唯一の主である。心を尽くし、思いを尽くし、知性を尽くし、力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。』次にはたいせつなのは、これです。「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。」この二つより大事な命令は、ほかにありません。」』

  • マタイの福音書19:29 『イエスはじっと見て言われた。「それは人にはできないことです。しかし、神にはどんなことでもできます。」』

  • マルコの福音書9:23 『するとイエスは言われた。「できるものなら、と言うのか。みことばを信じる者には、どんなことでもできるのです。」』

  • ルカの福音書1:37 主イエスは言われた『神にとって不可能なことは一つもありません。』

  • マタイの福音書8:13 『それから、イエスは言われた。「さあ行きなさい。あなたの信じたとおりになるように。」』

 Bibleは、もし あなたが主なる神様には不可能がなく、ただ、そのみことばを信じ続けられれば、どんな夢さえも叶うと、価値観をバラダイムシフト出来るのなら...あなたは、今まで見たことも、聞いたこともないほどの神様からの100倍の報いさえ手に入れられると、約束してくれています。何よりも人生で大切なのは、神と周囲の人を愛して、みことばを信じることだと、教え説くのです。  信じるか、信じられないはあなた次第です。しかし、以下の御言葉のとおり、Bible&Jesusは、完全に信じるべきだと、語っているのです。

  • マタイの福音書5:18 主イエスは言われた『まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、聖書の中の一点一画でも決してすたれることはありません。全部が成就されます。』

 あなたの人生に現れる、神の圧倒的な百倍の報いと神の不思議な援護に期待します。

 AMEN

(祈り) 

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Bible&Jesusのみことばを 素直に100%信じられるようにして下さい。そうすれば、皆の敵や事故、災いは退き、何をしてもうまくいき出して、神の圧倒的な百倍の報いさえ、引き出せるからです!

 主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「

マルコの福音書 4章 20節
良い地に蒔かれるとは、みことばを聞いて受け入れ、
三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。

御言葉・メッセージをキーワードで検索 ↓

  • Wix Facebook page
  • Twitterのアプリケーションアイコン

私たちの教会は正統的なプロテスタントです。エホバの証人、モルモン教、統一教会とは一切関係ありません。

Copyright © SHIBYA GRACE BIBLE CHURCH. All Rights Reserved.