• sgbc-devotion

「病・災いの要因」と「癒しを生む信仰力」

☆ Bibleの教える...癒しを生む信仰力とは。。。

そして、思わぬ病、災いを招く要因とは。。。

  • マタイ福音書9:22 イエスは、振り向いて言われた。「しっかりしなさい。あなたの信仰があなたを直したのです。」すると、女はその時から全く直った。

1. 日々の御言葉を無視し続けた罪、咎、過ちが引き起こす場合。

*日々の御言葉から、どれだけ主が自らの人生に良くしてくださったか思い巡らし、また、なぜ病や怪我を背負うことになったのか、生活習慣を省み、悔い改め続けて、癒しを待つ。

  • 詩篇103:2~5 2 わがたましいよ。主をほめたたえよ。主の良くしてくださったことを何一つ忘れるな。3 そうすれば主は、あなたのすべての咎を赦し、あなたのすべての病をいやす。4 あなたのいのちを穴から贖い、あなたに、恵みとあわれみとの冠をかぶらせ、5 あなたの一生を良いもので満たされる。あなたの若さは、鷲のように、新しくなれる。

2. 性的依存や快楽主義の堕落した生活を続けた為に、精神的な病と病気に見舞われる場合。

*性的堕落や快楽第一主義を悔い改められるように、真心から祈るしかない。

  • ルカの福音書17:27~30 27 ノアが箱舟に入るその日まで、人々は、食べたり、飲んだり、めとったり、とついだりしていたが、洪水が来て、神様はすべての人を罰してしまいました。28 またロトの時代、ソドムにあったことと同様です。人々は食べたり、飲んだり、売ったり、買ったり、植えたり、建てたりしていたが、29 神様はソドムの町に火と硫黄が降らせて、すべての人を罰してしまいました。30 人の子の現れる日にも、全くそのとおりです。

3. サタン、悪霊による一方的な攻撃が原因で、病魔に襲われる場合。

*敵の攻撃が止めば、癒し、回復は起こる。ただただ、主を信頼してその時を待ち望む。

  • ヨブ記2:7 サタンは主の前から出て行き、ヨブの足の裏から頭の頂まで、悪性の腫物で彼を打った。

  • ヨブ記5:19 神は六つの苦しみから、あなたを救い出し、七つ目のわざわいはあなたに触れない。

4. 疲労、働き過ぎが招く、病魔の場合

*祈る気力、祈る時間さえなくとも、主との深い交わりの時を作る霊的戦いが必要。

  • イザヤ書40:29~31  29主は疲れた者には力を与え、精力のない者には活気をつける。30 若者も疲れ、たゆみ、若い男もつまずき倒れる。31 しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。

5. 人にばかり気を遣い過ぎて、主の存在を軽んじた発言や生活習慣ゆえに、病魔を受けた場合。

*主なる神様と御言葉よりも、愛する家族、恋人、親友や、自分の物事ばかりに気を揉んでいないか、よく吟味する。そして、生活習慣の優先順位を改めながら、癒しを祈る。

  • レビ記24:15 自分の神をさげすむ者はだれでも、その罪の罰を受ける。

  • 申命記4:24 あなたの神、主は焼き尽くす火、ねたむ神だからである。

6 . 大切な仲間をゆるさずに報復し過ぎてしまい、相手に大きな精神的ダメージや大怪我を負わせた場合に受ける病気、怪我の場合。

*和解できずに、恨み合っている人とは、何よりも、すぐに和解することが大切。

  • マタイの福音書5:23~24 (現代訳) 23 だから、礼拝に行こうとしているとき、もし兄弟姉妹に恨まれていることを途中で思い出したなら、24 そのまま礼拝に行かず、戻って、まずあなたの兄弟姉妹と仲直りをしてから礼拝に行きなさい。そうでないと、主はあなたの礼拝を受け入れて下さらないからです。

  • レビ記24:19 もし人がその隣人に大きな傷を負わせるなら、その人は自分がしたと同じようにされなければならない。

7. 先祖の罪、咎が原因の病気の場合。

*先祖の罪・咎・過ちを告白して、主イエスの十字架にすがり、祈り明け渡して、癒しを求める。

  • 出エジプト記34:6~7 6 主は宣言された。「主は、あわれみ深く、情け深い神、怒るのにおそく、恵みと真に富み、7 恵みを千代も保ち、咎とそむきと罪を赦す方、罰すべき者は必ず罰して報いる方。父の咎は子に、子の子に、三代に、四代に罰する。」

  • ガラテヤの手紙3:13 イエスキリストは、私たちのためにのろわれたものとなって、私たちを律法ののろいから贖い出してくださいました。なぜなら、「木にかけられる者はすべてのろわれたものである」と聖書に書いてあるからです。

以上。  Bibleを信じて Jesusの癒し、奇跡を待つか、ただ、聞き流して病と向き合うのかは、あなたにお任せします。  Jesus said「あなたの信じた通りになるように。」

閲覧数:4回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「