• sgbc-devotion

マタイの福音書12:14~21

2014年11月15日(土)

Jesus said 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』

ディボーション聖句 マタイの福音書12:14~21 14 パリサイ人は出て行って、どのようにしてイエスを滅ぼそうかと相談した。 15 イエスはそれを知って、そこを立ち去られた。すると多くの人がついて来たので、彼らをみないやし、 16 そして、ご自分のことを人々に知らせないようにと、彼らを戒められた。 17 これは、預言者イザヤを通して言われた事が成就するためであった。 18 「これぞ、わたしの選んだわたしのしもべ、わたしの心の喜ぶわたしの愛する者。わたしは彼の上にわたしの霊を置き、彼は異邦人に公義を宣べる。 19 争うこともなく、叫ぶこともせず、大路でその声を聞く者もない。 20 彼はいたんだ葦を折ることもなく、くすぶる燈心を消すこともない、公義を勝利に導くまでは。 21 異邦人は彼の名に望みをかける。」 [聖句メッセージ] 昨日の続きです。

14節 (14 パリサイ人は出て行って、どのようにしてイエスを滅ぼそうかと相談した。)

  • ヨハネの福音書7:7 主イエスは言った『世はあなたがたを憎むことはをしません。しかし、わたしを憎んでいます。わたしが、世について、その行いが悪いことを証しするからです。』

  • 第二ヨハネの手紙2:11 『兄弟姉妹を憎む者は、やみの中におり、やみの中を歩んでいるのであって、自分がどうして生まれ、どこへ行ことうとしているのか、知らないのです。闇の力が彼の目を見えなくしたからです。』

  • 第一ヨハネの手紙5:19 『私たちは神からの者であり、世界全体は悪い力の支配下にあることを知っています。』

  • 第一テモテの手紙6:3~7 『真理と違ったことを教えて、私たちの主イエス・キリストの健全な御ことばと敬虔にかなう教えとに同意しない人がいるなら、その人は高慢になっており、何一つ悟らず、疑いをかけたり、ことばの争いをしたりする病気にかかっているのです。そこから、ねたみ、争い、そしり、悪意の疑りが生じ、また、知性が腐ってしまって真理を失った人々、すなわち敬虔を利得の手段と考えている人たちの間には、絶え間のない紛争が生じるのです。しかし、満ち足りる心を伴う敬虔こそ、大きな利益を受ける道です。私たちは何一つこの世に持って来なかったし、また何一つ持って、この世を出ることもできません。』

 「真理」とは、いつどんな時も変わることのない正しい物事の筋道であり、物事の本質を意味する言葉。Bibleは、世界一説得力のある真理の書と、言われています。  そしてBibleは、当時のユダヤの権力を握っていたパリサイ人をはじめとする、この世界の支配者たちの多くは、自分勝手な欲望と富を愛し過ぎた為に、見えない闇の勢力に捕えられてしまい、Bible&Jesusの教える真理、愛と正義を嫌がると預言しています。  この世界の多くの有力者たちは、自らの権力と利得を守るために、立場上、自らの偽善や過ちを認めにくいため、真理と愛を語るBible&Jesus信仰者たちを煙たがったり、やがては迫害するとも、預言しているのです。

15~16節 (15 イエスはそれを知って、そこを立ち去られた。すると多くの人がついて来たので、彼らをみないやし、16 そして、ご自分のことを人々に知らせないようにと、彼らを戒められた。)

 しかし主イエスは、誰をも恐れずに、ただ 父なる神への愛と人を救う隣人愛に生きながら、正しい真理を語り続けたために、母国の権力者たちから殺人計画を企てられたのです。

  • マタイの福音書5:11~13 主イエスは言った『わたしのために人々があなたがたをののしり、迫害し、ありもしないことで悪口を浴びせるとき、あなたがたは幸いです。喜びなさい。喜びおどりなさい。天ではあなたがたの報いは大きいから。あなたがたより前にいた預言者たちを、多くの人々はそのように迫害したのです。あなたがたは、この地の塩です。もし、あなたが塩けをなくしたら、この地は何によって塩けをつけるのでしょう。塩気をなくした塩は、もう何の役にも立たず、外に捨てられて、ただ人々に踏みつけられるだけです。』

  • ルカの福音書14:34 主イエスは言った『ですから、塩は良いものですが、もしその塩が塩けをなくしたら、何によって、この国は味をつけるのでしょうか。』

  • 伝道者の書5:10 『金銭を愛する者は金銭に満足しない。富を愛する者は収益に満足しない。これもまた、むなしい。』

  • 第一テモテの手紙6:10 『金銭を愛することが、あらゆる悪の根元だからです。』

  • マタイの福音書24:12~13 主イエスは言った『不法がはびこると、多くの人たちの愛は冷たくなります。しかし、最後まで耐え忍ぶ者は救われます。』

 Bibleは、経済発展と利便性を追求し過ぎる、現代社会の人々の愛と希望は冷えきっていて、様々な偽善、裏切り、犯罪や不条理がはびこると、教え説きます。聖書はこの味気のない社会に、人生で一番大切な愛と真理なる御ことばの塩気を届けるために、あなたにBible&Jesusの御ことば力と聖霊力を与えたと説くのです。  Bibleは、もし、神に選ばれしあなたが、この国の塩気となれる主イエスの十字架の愛と、真理の御ことば力を生かさなくては、愛するこの国の社会情勢は悪化していくことになると預言するのです。  信じるか、信じられないかは、あなたに任せます。しかし聖書は、あなたは周囲の大切な人々に神の救いと塩気を届けるために、Bible&Jesusの御ことばが与えられたと、ハッキリ教えています。  主イエスを信じて与えられたHolySpiritと、御ことばを信じて、立ち上がる者の道は、必ず開かれるのです。

17節 (17 これは、預言者イザヤを通して言われた事が成就するためであった。)

  • イザヤ書43:19 神は約束した『見よ。わたしは新しい事をする。今、もうそれが起ころうとしている。あなたがたは、それを知らないのか。確かに、わたしは荒野に道を、荒地に川を設ける。』

  • イザヤ書41:10~13 神の御告げ。『恐れるな。わたしはあなたとともにいる。たじろぐな。わたしがあなたの神だから。わたしはあなたを強め、あなたを助け、わたしの義の右の手で、あなたを守る。見よ。あなたに向かっていきりたつ者はみな、恥を見、はずかしめを受け、あなたと争う者たちは、無いもののようになって滅びる。あなたと言い争いをする者を捜しても、あなたは見つけることはできず、あなたと戦う者たちは、全くなくなってしまう。あなたの神、主であるわたしが、あなたの右の手を堅く握り、「恐れるな。わたしがあなたを助ける」と言っているのだから。』

  • マタイの福音書10:1 『イエスは弟子たち(クリスチャン)を呼び寄せて、汚れた霊どもを制する権威をお授けになった。霊どもを追い出し、あらゆる病気、あらゆるわずらいをいやして、救うためであった。』

 これらの御ことば力を信じて人生を懸けた、イエスとその使徒たちは、今や世界中で一番影響力のある宗教「キリスト教」の教えを産み出し、世界で最も影響力のある書物「聖書」の最高権威を立証しました。聖書は、全世界と全人生に結果を約束する、神の国の覚書であり、神様の預言書だからです。

18~21節 (18 「これぞ、わたしの選んだわたしのしもべ、わたしの心の喜ぶわたしの愛する者。わたしは彼の上にわたしの霊を置き、彼は異邦人に公義を宣べる。19 争うこともなく、叫ぶこともせず、大路でその声を聞く者もない。20 彼はいたんだ葦を折ることもなく、くすぶる燈心を消すこともない、公義を勝利に導くまでは。21 異邦人は彼の名に望みをかける。」)

  • イザヤ書14:24 『万軍の主なる神様は、人間に誓って仰せられた。「必ず、わたしの考えたとおりに事は成り、わたしの計った御ことばとおりに成就する。」』

 あなたは周囲にいる「人様」を恐れる人生を生き続けますか?それとも、目に見えない「主なる神様」を恐れる人生を築きたいですか?

  • 箴言29:25~26 『人を恐れると人生のわなにかかる。しかし主に信頼する者は神様に守られる。支配者の顔色をうかがう者は多い。しかし、すべての人をさばくのは主である。』

 人様の顔色を伺いすぎる生活習慣か、神を味方につける信仰生活を選ぶかは、あなた次第です。あなたに与えられる、周囲の集団を恐れずに、神様と隣人を愛せるJesus信仰に期待します。

 AMEN (祈り)  主なる神様、皆を聖霊に満たし、人様ではなく、主なる神様だけを恐れるJesus信仰生活を与えて下さい。そうすれば 皆、何をも恐れずに、神様と隣人を愛して、この国の塩気の役割を果たせるからです!  主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

0回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「