• sgbc-devotion

マタイの福音書9:1~8

2014年10月27日(月)

Jesus said 『心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』

『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 ディボーション聖句 マタイの福音書9:1~8

1 イエスは舟に乗って湖を渡り、自分の町に帰られた。

2 すると、人々が中風の人を床に寝かせたままで、みもとに運んで来た。イエスは彼らの信仰を見て、中風の人に、「子よ。しっかりしなさい。あなたの罪は赦された」と言われた。

3 すると、律法学者たちは、心の中で、「この人は神をけがしている」と言った。

4 イエスは彼らの心の思いを知って言われた。「なぜ、心の中で悪いことを考えているのか。

5 『あなたの罪は赦された』と言うのと、『起きて歩け』と言うのと、どちらがやさしいか。

6 人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを、あなたがたに知らせるために。」こう言って、それから中風の人に、「起きなさい。寝床をたたんで、家に帰りなさい」と言われた。

7 すると、彼は起きて家に帰った。

8 群衆はそれを見て恐ろしくなり、こんな権威を人にお与えになった神をあがめた。

[聖句メッセージ]

本日からマタイの福音書は9章です。

1~2節 (1 イエスは舟に乗って湖を渡り、自分の町に帰られた。2 すると、人々が中風の人を床に寝かせたままで、みもとに運んで来た。イエスは彼らの信仰を見て、中風の人に、「子よ。しっかりしなさい。あなたの罪は赦された」と言われた。)

  • マタイの福音書8:20 『イエスは言われた。「狐には穴があり、空の鳥には巣があるが、人の子には枕する所もありません。」』

 このようにイエスキリストは、御ことばを宣べ伝える働きと奉仕活動で疲れた心霊体を、ゆっくり休ませる為に帰郷しましたが、病気と問題を抱えている人々が多かった為に、休む暇さえありませんでした。イエスは三年間、完全無休だったのです。

  • マタイの福音書26:41 『誘惑に陥らないように、目をさまして、祈っていなさい。心は燃えていても、肉体は弱いのです。』

 人は皆、忙しくなって、肉体が疲れ出すと 真の平安と自分らしさを失いやすく、本当に大切な物事と使命や真理を見失いがちになります。今のあなたの状態は、どうですか?悔いなき人生を築く為にも、自らの心霊を探ることです。そして、霊の目を醒ます為に、日々の御ことばの糧と祈りという、神との繋がりの恵みを受けられたことを忘れないことです。

  • イザヤ書40:31 『しかし、主を待ち望む者は新しく力を得、鷲のように翼をかって上ることができる。走ってもたゆまず、歩いても疲れない。』

 なぜなら、主の御ことばと主の助けを待ち望む者たちは、新しい不思議な力を受けられ、何をしてもブレず、また霊的な充足感に満たされて、疲れにくくなれるからです。

 あなたに与えられる、肉体の疲れとストレスを取り除ける信仰治癒力に期待します。

  • マタイの福音書9:35~38 『それから、イエスは、すべての町や村を巡って、会堂で教え、御国の福音を宣べ伝え、あらゆる病気、あらゆるわずらいをいやされた。また、群衆を見て、羊飼いのない羊のように弱り果てて倒れている彼らをかわいそうに思われた。そのとき、弟子たちに言われた。「収穫は多いが、働き手が少ない。だから、収穫の主に、収穫のために働き手を送ってくださるように祈りなさい。」』

 このようにBibleは、日本にも御ことばを宣べ伝える、真のクリスチャンが少ないが、悩み、心の傷、病気や死への恐れを解決出来ていない国民が多くいて、神の働き人が少な過ぎると説きます。主イエスの教会の働き人、奉仕者は人出不足なのです。

 あなたは御ことばを宣べ伝えられる真のクリスチャン、奉仕者、聖職者が増し加わることを祈る為に、また、御ことばを宣べ伝えるクリスチャンとされる為に選ばれました。自覚して、祈る者は報われるのです。

2節 (2 すると、人々が中風の人を床に寝かせたままで、みもとに運んで来た。イエスは彼らの信仰を見て、中風の人に、「子よ。しっかりしなさい。あなたの罪は赦された」と言われた。)

 『中風』とは、脳血管障害の後遺症である半身不随、片まひ、言語障害、手足のしびれや麻痺などを指す病気の言葉です。

 中風の人の友人たちは、主イエスの祈りさえ引き出せれば、必ず、仲間は奇跡的に癒され、救われると信じて、主イエスの教会に連れてきたのです。これがイエスの奇跡を起こせる信仰と愛の形になります。胸に書き記して下さい。

  • ルカの福音書1:37 『神にとって不可能なことは一つもありません。』

  • マタイの福音書8:13 『それから、イエスは言われた。「さあ行きなさい。あなたの信じたとおりになるように。」すると、ちょうどその時、そのしもべはいやされた。』

  • マタイの福音書22:32 『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ。』

 2節,このようにBibleは...中風の人は、仲間たちの主イエスへの完全な信仰と感動的な友愛ゆえに、奇跡的に癒されたと教え説きます。もしあなたに、生命と、主イエスへの信仰と家族&仲間への愛力さえ備わるのなら、時に、不可能は可能になり得ます。ただただ、イエスの御ことばを信じて、愛と希望を選択する者に、神の奇跡は味方するのです。あなたとあなたの大切な人々に現れる、神の奇跡を揺り動かす程の感動的な愛力と完全なJesus信仰力に期待します。

 またBibleは、重病を 簡単に分けると、四つの原因があると教え説きます。

 一番目は、老いや食生活、生活習慣が原因。

 二番目、その人とその父祖たちの遺伝や、人生の因果関係が原因。

 三番目、その人の罪や不摂生による刈り取りが原因。

 四番目、病人を通して、神の栄光、癒しと救いが現れる予兆。

 主イエスは、この中風の人の病気の原因は、この人の人生の罪や不摂生が原因であった為に、『あなたの罪はゆるされた』と宣言して、癒されました。中風の人は、主イエスの御ことば力のおかげで、人生の全ての罪と過ちの因果応報から解放されて、癒されたのです。主イエスの御ことば力と十字架力とは、あなたをゆるし、癒せる 神の御力と愛が備わっています。ただただ、癒しを信じて、主イエスの御ことばに縋りつくことです。

3~7節 (3 すると、律法学者たちは、心の中で、「この人は神をけがしている」と言った。4 イエスは彼らの心の思いを知って言われた。「なぜ、心の中で悪いことを考えているのか。5 『あなたの罪は赦された』と言うのと、『起きて歩け』と言うのと、どちらがやさしいか。6 人の子が地上で罪を赦す権威を持っていることを、あなたがたに知らせるために。」こう言って、それから中風の人に、「起きなさい。寝床をたたんで、家に帰りなさい」と言われた。7 すると、彼は起きて家に帰った。)

  • マタイの福音書16:15~19 『イエスは言われた。「あなたがたは、わたしをだれだと言いますか。」使徒ペテロが答えて言った。「あなたは、生ける神の御子キリストです。」するとイエスは、彼に答えて言われた。「バルヨナ・シモン。あなたは幸いです。このことをあなたに明らかに示したのは人間ではなく、天にいますわたしの父なる神です。ではわたしもあなたに言います。あなたはペテロです。わたしはこの岩の上にわたしの教会を建てます。ハデス・地獄の門もそれには打ち勝てません。わたしは、あなたに天の御国の御ことばのかぎを上げます。何でもあなたが地上でつなぐなら、それは天においてもつながれており、あなたが地上で解くなら、それは天においても解かれています。」』

 このようにBibleは...主イエスキリストとは、不可能なことのない神の御子であり、世界人類の裁き主で、全人生と死の主権者だと、ハッキリ教え説いています。また、主イエスの教会と御ことばは、神の国との唯一のパイプであると、教え説くのです。

 しかし、このユダヤ教の律法学者や権力者たちは、主イエスが神の御子であることを信じることが出来ずに、約2000年経った 現在でも、世界史に汚名と恥を残す失敗者となってしまいました。

8節 (8 群衆はそれを見て恐ろしくなり、こんな権威を人にお与えになった神をあがめた。)

  • 箴言1:7『主を恐れることは知識の初めである。愚か者は御ことばの知恵と訓戒をさげすむ。』

 素直に、Bible&Jesusの御ことばを信じる者だけが 報われるのです。あなたに与えられる、神の奇跡と感動に期待します。

 AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、Bible&Jesusの御ことばの知恵と、JesusLoveを増し加えて下さい。そうすれば 皆、神の奇跡と感動的な恵みを引き出せるからです!

 主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

閲覧数:1回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「