• sgbc-devotion

マタイの福音書7:13~20

2014年10月21日(火)

Jesus said 「あなたの信じた通りになるように」「何も思い煩わなくてもいい」「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」

ディボーション聖句 マタイの福音書7:13~20

13 狭い門から入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。そして、そこから入って行く者が多いのです。

14 いのちに至る門は小さく、その道は狭く、それを見いだす者はまれです。

15 にせ預言者たちに気をつけなさい。彼らは羊のなりをしてやって来るが、うちは貪欲な狼です。

16 あなたがたは、実によって彼らを見分けることができます。ぶどうは、いばらからは取れないし、いちじくは、あざみから取れるわけがないでしょう。

17 同様に、良い木はみな良い実を結ぶが、悪い木は悪い実を結びます。

18 良い木が悪い実をならせることはできないし、また、悪い木が良い実をならせることもできません。

19 良い実を結ばない木は、みな切り倒されて、火に投げ込まれます。

20 こういうわけで、あなたがたは、実によって彼らを見分けることができるのです。

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

 1979年に ノーベル平和賞を受賞したマザーテレサは Bibleを通して、世界人類の大罪とは、人命への無関心さだと語りました。

 Bible&Jesusは...世界人類の人々は自国と自らの経済発展による暮らしの向上と、ハイテク化による便利さばかり追求し過ぎてしまい、人が本来 守るべき道徳、真理から曲がってしまったと説きます。人は皆、完全な善人などいやしない、まさに、皆が自分勝手な罪人だと教え説くのです。

 人間社会は、個々が欲望に捕らわれ過ぎたり、忙しくなり過ぎたせいか、いつの間にか 世界中の餓死者や貧困に苦しむ子供達の命の尊さに 無関心になり過ぎてしまったのかもしれません。Bible&Jesusの御ことばに耳を傾けて、本当に大切なことを受け留めながら、自らを省みることも人生の重要な醍醐味なのです。

 Bibleは、世界経済が第1に投資すべき課題は、経済発展、武力装備、贅沢な暮らし向き、便利さではなく、隣人愛、平和、人命だと教え説いています。

Bible&Jesusの御ことばを素直に受け入れて、主イエスの十字架の贖いとゆるしを掴み取ることです。それだけで、あなたの人生の可能性が広がるからです。

13節 (13 狭い門から入りなさい。滅びに至る門は大きく、その道は広いからです。そして、そこから入って行く者が多いのです。)

  • ローマ信徒への手紙3:10 『それは、次のように聖書に書いてあるとおりです。「神の認める義人はいない。ひとりもいない。」』

  • ヨハネの福音書14:6 『イエスは言われた。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。わたしを通してでなければ、だれひとり父なる神の国に来ることはありません。」』

  • ヘブル人への手紙9:27~28 『人間には、一度死ぬことと死後に、おのおのどう生きてきたのか、神のさばきを受けることが定まっているように、イエスキリストも、多くの人の罪を負うために一度、ご自身のいのちをささげられました。』

 このようにBibleは、人は皆、必ず 一度死に、神の御もとに連れて行かれ、おのおのが人生をどう考え、また、どのように生きてきたのか、申し開きをして、最後に神様からジャッジされると、教え説きます。

 もし、あなたが人命に無関心だったと反省出来るのなら、また、自分は完全完璧な人生を歩めていないと感じるのならば、遠慮せずに、主イエスの十字架のゆるしを求め祈ることです。そうすれば、あなたの父なる神様は、天国の狭き門を、必ずあなたに開いて下さるからです。

 死後のことを知ったかぶりをして、イエスの十字架の贖罪による救いを 断り、滅びの可能性を選択してはなりはせん。

 あなたに開かれる、天国の狭き門に期待します。

14節 (14 いのちに至る門は小さく、その道は狭く、それを見いだす者はまれです。)

  • マタイの福音書22:14(現代訳) 『神様に招かれる人は沢山いますが、選ばれる人、つまり神の好意を素直に受け取る人はごくわずかです。』

 あなたは、主イエスの十字架の御ことばで、全ての罪、過ちを神様にゆるされて、神の国に招待を受けられた特別な人です。神に選ばれて、主イエスを信じる者だけが、ゆるされて、救われるのです。

15~16節 (15 にせ預言者たちに気をつけなさい。彼らは羊のなりをしてやって来るが、うちは貪欲な狼です。16 あなたがたは、実によって彼らを見分けることができます。ぶどうは、いばらからは取れないし、いちじくは、あざみから取れるわけがないでしょう。)

  • 第二テモテの手紙3:16 『聖書はすべて、神の霊感によって書かれた。』

  • マタイの福音書5:18~19 主イエスは言った『まことに、あなたがたに告げます。天地が滅びうせない限り、聖書の中の一点一画でも決してすたれることはありません。全部が成就されます。だから、聖書の戒めのうち最も小さいものの一つでも、これを破ったり、また破るように人に教えたりする者は、天の御国で、最も小さい者と呼ばれます。しかし、それを守り、また守るように教える者は、天の御国で、偉大な者と呼ばれます。』

 このようにBibleの御ことばとは、全てが神の霊感によって書かれており、その御ことばの預言と約束は、一点一画でもすたれることなく、必ず 全世界と全人生に成就すると、ハッキリ教えます。だから、こうして愛する国・日本や世界中に、Bible&Jesusの御ことばは伝わってきたのです。

 この奇跡的な御業を信じるだけで報われます。

17~20節 (17 同様に、良い木はみな良い実を結ぶが、悪い木は悪い実を結びます。18 良い木が悪い実をならせることはできないし、また、悪い木が良い実をならせることもできません。19 良い実を結ばない木は、みな切り倒されて、火に投げ込まれます。20 こういうわけで、あなたがたは、実によって彼らを見分けることができるのです。)

 そして Bibleは、神の認める預言者と義人(正しい)とは、御ことばをストレートに受け留めて、それを信じて語り伝えられる人々であり、ニセモノとは、神の御ことばを曲げたり、守らなくても大丈夫だと無責任に語る人々だと、教え説きます。

 Bibleを深く読み、本物の義人とニセ者とを見抜くことです。なぜなら、Bible&Jesusの御ことばとは、他人の隠された本質を見抜ける、不思議な神の霊的書物だからです。

 日々 御ことばを蓄えて、あなたの周囲の人々が、あなたに神の幸運と恵みを届けられる人なのか、はたまた、あなたに悲しみと痛みや裏切りをもたらす人なのか、人を見抜く力を磨くことです。

 Bible&Jesusからあなたに与えられる、人の本質と相性を見抜く為に必要な、研ぎ澄まされたHolySpiritと神からの知力に期待します。

 AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たして、日々の御ことばを正しく蓄えさせて、神の狭き門を通れるようにしてあげて下さい。そして皆に、日々の御ことばから他人を見抜くために必要な、神の知恵とHolySpiritを授けて下さい。そうすれば、皆、誰が神の幸運と恵みを届けてくれる人なのか、または、誰が悲しみ、痛みと裏切りを持ってくる人なのか、見分けられるようになれるからです!

 主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

1回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「