• sgbc-devotion

祈祷課題

主の祈り

天にまします我らの父よ。 願わくは御名(みな)をあがめさせたまえ。 御国(みくに)を来たらせたまえ。 みこころの天になるごとく、 地にもなさせたまえ。 我らの日用(にちよう)の糧(かて)を 今日も与えたまえ。 我らに罪を犯すものを我らが赦(ゆる)すごとく、 我らの罪をも赦したまえ。 我らを試(こころ)みに会わせず、 悪より救いいだしたまえ。 国と力と栄えとは、 限りなく汝(なんじ)のものなればなり。 アーメン。

マタイの福音書6:9~13

9 主イエスは言った。「だから、こう祈りなさい。『天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。

10 御国が来ますように。みこころが天で行われるように地でも行われますように。

11 私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。

12 私たちの負いめをお赦しください。私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。

13 私たちを試みに会わせないで、悪からお救いください。』〔国と力と栄えは、とこしえにあなたのものだからです。アーメン。〕

[聖句メッセージ]

9~10節 (9 主イエスは言った。「だから、こう祈りなさい。」「天にいます私たちの父よ。御名があがめられますように。10 御国が来ますように。みこころが天で行われるように地でも行われますように。)

「祈り」とは...

 一番目。あなたの生活習慣と人間関係を通して、主イエスの御ことばと主イエスの似姿が現れるように、祈ること。

 二番目。あなたのご家族・友人・知人の、主イエスによる救いと、個々の問題解決のために、とりなし祈ること。

 三番目。あなたの属する教会の牧師と仲間たちのために、とりなし祈ること。

 四番目。あなたを取り巻く環境に、神の愛と神の国の真理が現れるように、祈ること。

 五番目。あなたの関わる全ての物事と人間関係に、神のご計画と御心がなるように、祈ること。

11節 (11 私たちの日ごとの糧をきょうもお与えください。)

 六番目。あなたとご家族の生活に必要な衣食住・経済・物質・健康の全てが与えられるように、祈ること。

 七番目。あなたに関わる教会と聖職者の全ての必要が満たされるように、とりなし祈ること。

12節 (12 私たちの負いめをお赦しください。私たちも、私たちに負いめのある人たちを赦しました。)

 八番目。神と隣人に対しての自らの勝手さ・過ち・罪を告白して、悔い改めることができるように、祈ること。

 九番目。人をゆるせるように、また、愛せるように、祈ること。

13節 (13 私たちを試みに会わせないで、悪からお救いください。』〔国と力と栄えは、とこしえにあなたのものだからです。アーメン。〕)

 十番目。必要以上な試練を背負わぬように、そして、人生の試練から勝利出来るように、祈ること。

 十一番目。見えない敵の誘惑・罠・挑発を見抜けるように、また、それらに捕らわれないように、祈ること。

 十二番目。あなたの属する国々の平和・尊厳・栄誉・威光・繁栄・勝利・権力など、全てが父なる神のご支配で行われるように、とりなし祈ること。

 になります。

  • 第一テサロニケの手紙5:17 『絶えず祈りなさい』

 Bibleは、これだけ多くの神様から与えられた祈祷課題を、いかにバランス良く、絶えず具体的に祈れるかが、神の百倍の報いを引き出すための鍵になると、教え説きます。

 多くの願いを刈り取ることができるためにも、祈りの武器を行使することです。

  • ルカの福音書19:46 主イエスは言った『わたしの教会は、祈りの家でなければならない』

  • コロサイの手紙4:2 『目をさまして、感謝をもって、たゆみなく祈りなさい。』

 あなたは教会に、あなたの礼拝する教会のためと、周囲の人々やこの国の救いを祈るために、集められました。

 これらの祈祷課題を祈る者は、必ず報われるのです。

 あなたに現れる、主イエスのような奇跡的な祈祷力に期待します。

 AMEN

4回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「