• sgbc-devotion

マタイの福音書2:7~13 (2014年10月1日(水))

Jesus said

『心を尽くし、思いを尽くし、知を尽くして、あなたの神である主を愛せよ』

『あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ』 ディボーション聖句 マタイの福音書2:7~13 7 そこで、ヘロデはひそかに博士たちを呼んで、彼らから星の出現の時間を突き止めた。

8 そして、こう言って彼らをベツレヘムに送った。「行って幼子のことを詳しく調べ、わかったら知らせてもらいたい。私も行って拝むから。」

9 彼らは王の言ったことを聞いて出かけた。すると、見よ、東方で見た星が彼らを先導し、ついに幼子のおられる所まで進んで行き、その上にとどまった。

10 その星を見て、彼らはこの上もなく喜んだ。

11 そしてその家に入って、母マリヤとともにおられる幼子を見、ひれ伏して拝んだ。そして、宝の箱をあけて、黄金、乳香、没薬を贈り物としてささげた。

12 それから、夢でヘロデのところへ戻るなという戒めを受けたので、別の道から自分の国へ帰って行った。

13 彼らが帰って行ったとき、見よ、主の使いが夢でヨセフに現れて言った。「立って、幼子とその母を連れ、エジプトへ逃げなさい。そして、私が知らせるまで、そこにいなさい。ヘロデがこの幼子を捜し出して殺そうとしています。」 [聖句メッセージ]

昨日の続きです。

7~10節(7 そこで、ヘロデはひそかに博士たちを呼んで、彼らから星の出現の時間を突き止めた。8 そして、こう言って彼らをベツレヘムに送った。「行って幼子のことを詳しく調べ、わかったら知らせてもらいたい。私も行って拝むから。」9 彼らは王の言ったことを聞いて出かけた。すると、見よ、東方で見た星が彼らを先導し、ついに幼子のおられる所まで進んで行き、その上にとどまった。10 その星を見て、彼らはこの上もなく喜んだ。)

 ヘロデ王は、イスラエルの救世主がベツレヘムで生まれるという、聖書の預言を聞かされました。すると彼は、急に自分の将来的な立場に不安を覚えるようになり、聖書の預言に長けた神学博士と天文学の博士達を集めて、救世主イエスの生まれる場所を突き止めようと、動き出しました。実のところヘロデ王は、神の救世主イエスキリストを見つけて、殺してしまおうと計画していたのです。

 このようにBibleは、世界の権力者たちは皆、人命、隣人愛、平和、正義を演説しながら、いつの時代も自分たちの権力と名誉と利益を守ることに、必死になり過ぎてしまい、解決すべき諸問題を傍観する悪い心霊に毒されていると、教え説きます。だから、いつになっても貧困による餓死、戦争、差別、隣国同士の争い、ワイロ、不条理な格差社会はなくならないと、説くのです。

  • ヨハネの福音書7:7 主イエスは言われた『世はあなたがたを憎むことをしません。しかしわたしを憎んでいます。わたしが、世について、その行いが悪いことをあかしするからです。』

  • 第1ヨハネの手紙5:19『私たちは神からの者であり、世界全体は悪い者の支配下にあることを知っています。』

 また主イエスは、この偽善的な人間社会をBibleの御ことばで正しに来られたので、世界の権力者たちの多くは、素直にBible & Jesusの御ことばを受け入れられず、Jesus信仰を煙たがって邪魔すると預言しました。

 国政や他人には、あなたを救い、幸いにする力などありません。それが出来るのは、あなた自身の生き様と神信仰しかないと教えるのです。

  • 創世記1:27 『神は仰せられた。「さあ人を造ろう。わたしのかたちとして、わたしに似せて。彼らが、海の魚、空の鳥、家畜、地のすべてのもの、地をはうすべてのものを支配するように。」

目を醒まして、Bible & Jesusと向き合うことです。Bibleは、人は皆、自分自身が神であるかのように、他人や富、目に見える全てのモノを支配したくなる性質を持っていると、説くからです。

  • ヨハネの福音書16:8 『その方イエスキリストが来ると、人々の罪について、義について、さばきについて、この世界にその誤りを認めさせます。』

  • ヨハネの福音書12:47~48 主イエスは言った『わたしは世を裁くために来たのではなく、世を救うために来たからです。しかし、わたしを拒み、わたしの言う御ことばを受け入れない者には、その人を裁くものがあります。わたしが話した御ことばが、終わりの日にその人を裁くことになるのです。』

 Bibleは、主イエスキリストは、人類を裁くために来られたのではなく、人類の罪悪と過ちを贖い、この不条理で愛に冷えた世界を、真理である御ことばで正し、永遠の神の救いを与えに来られたと、説きます。

 ヘロデ王のように、かたくなにならぬことです。Bible & Jesusを信じる者は、ただそれだけで救われるからです。

  • ルカ福音書2:11~12 神の御使いは言った『きょうダビデの町で、あなたがたのために、救い主がお生まれになりました。この方こそ主キリストです。あなたがたは、布にくるまって飼葉おけに寝ておられるみどりごを見つけます。これが、あなたがたのためのしるしです。』

 11節(11 そしてその家に入って、母マリヤとともにおられる幼子を見、ひれ伏して拝んだ。そして、宝の箱をあけて、黄金、乳香、没薬を贈り物としてささげた。),イスラエルの東方から、不思議な神からの星に導かれて、ベツレヘムにやって来た学者たちは、生まれたばかりのイエスの元に辿り着きました。彼らは、旧約聖書・ミカ書の預言を信じており、赤ん坊のイエスを見て、すぐに神の御子だと、ひれ伏して礼拝したのです。

 Bibleは、主イエスを礼拝するあなたは、父なる神様から、特別な神の子として扱われると、約束しています。あなたは、無敵な神の味方と無限な神の守りを頂けるのです。

主イエスの十字架に全ての不安や問題を明け渡して、祈りつつ、生き続ければ良いだけです。

 あなたに与えられる、神の救いの完成に期待します。

12~13節(12 それから、夢でヘロデのところへ戻るなという戒めを受けたので、別の道から自分の国へ帰って行った。13 彼らが帰って行ったとき、見よ、主の使いが夢でヨセフに現れて言った。「立って、幼子とその母を連れ、エジプトへ逃げなさい。そして、私が知らせるまで、そこにいなさい。ヘロデがこの幼子を捜し出して殺そうとしています。」)

  • 出エジプト記23:22 神は約束した『もし、あなたが御声に確かに聞き従い、わたしが告げる御ことばをことごとく行うなら、わたしはあなたの敵には敵となり、あなたの仇には仇となろう。』

 東方から来た学者たちは、ヘロデ王から主イエスの居場所を見つけたら教えるように、命令されていました。しかし、3人の学者たちと、イエスの父ヨセフは、同じような、御ことばのインスピレーションを受けたのです。

 主なる神様は、こう語りました。「今や、ヘロデ王は暴君であり、イエスを探して殺そうとしている。だから、学者たちはイエスの居場所を教えずに、別の道から帰りなさい。そして、ヨセフとマリヤはイエスを連れて、外国・エジプトに逃げなさい。」

 そして、信仰深い三人の学者たちと、ヨセフ、マリヤ、イエスの三人家族は、御ことばに聞き従ったので、神の味方と特別な守りを受けられたのです。

  • 第1コリントの手紙10:13 『神は真実な方ですから、あなたがたを、耐えられないほどの試練に会わせることはなさいません。むしろ、耐えられるように、試練とともに脱出の道も備えてくださいます。』

  • ヨシュア記20:2 『神の民たちに告げて言え。わたしが預言者モーセを通してあなたがたに告げておいた、逃れの町をあなたがたのために定めて助け導く。』

 このように、真心から主イエスを礼拝して、Bibleの御ことばに頼ろうとする人々のピンチに、あなたの主は、必ず、逃れの場所や脱出の道を備えてくれると、約束してくれます。

あなたの神は、あなたのピンチな時に、具体的な御ことばの解決策と聖霊のインスピレーションを与えて助け導くと、約束するのです。

  いつ、どんなピンチが起ころうとも、決して慌てずに、ただ黙って御ことばを思い巡らすことです。

 あなたのピンチに与えられる具体的な御ことばの解決策と、あなたをピンチから脱出させるインスピレーションに期待します。

 AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たし、どんなピンチが訪れようとも、主イエスの十字架に頼りつつ、ただ黙って、御ことばに思いを巡らせる者たちにして下さい。そうすれば、皆に具体的な解決策と、ピンチを脱出出来るインスピレーションが与えられるからです!

 主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

5回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「