• sgbc-devotion

マタイの福音書1:1~17 (2014年9月28日(日))

GOD said

『あなたは癒された』

『愛する人たち。自分で復讐してはいけません。神の怒りに任せなさい』

『神は愛です』

『主のしもべは栄える』

ディボーション聖句

マタイの福音書1:1~17

1 アブラハムの子孫、ダビデの子孫、イエス・キリストの系図。

2 アブラハムにイサクが生まれ、イサクにヤコブが生まれ、ヤコブにユダとその兄弟たちが生まれ、

3 ユダに、タマルによってパレスとザラが生まれ、パレスにエスロンが生まれ、エスロンにアラムが生まれ、

4 アラムにアミナダブが生まれ、アミナダブにナアソンが生まれ、ナアソンにサルモンが生まれ、

5 サルモンに、ラハブによってボアズが生まれ、ボアズに、ルツによってオベデが生まれ、オベデにエッサイが生まれ、

6 エッサイにダビデ王が生まれた。ダビデに、ウリヤの妻によってソロモンが生まれ、

7 ソロモンにレハブアムが生まれ、レハブアムにアビヤが生まれ、アビヤにアサが生まれ、

8 アサにヨサパテが生まれ、ヨサパテにヨラムが生まれ、ヨラムにウジヤが生まれ、

9 ウジヤにヨタムが生まれ、ヨタムにアハズが生まれ、アハズにヒゼキヤが生まれ、

10 ヒゼキヤにマナセが生まれ、マナセにアモンが生まれ、アモンにヨシヤが生まれ、11ヨシヤに、バビロン移住のころエコニヤとその兄弟たちが生まれた。

12 バビロン移住の後、エコニヤにサラテルが生まれ、サラテルにゾロバベルが生まれ、

13 ゾロバベルにアビウデが生まれ、アビウデにエリヤキムが生まれ、エリヤキムにアゾルが生まれ、

14 アゾルにサドクが生まれ、サドクにアキムが生まれ、アキムにエリウデが生まれ、

15 エリウデにエレアザルが生まれ、エレアザルにマタンが生まれ、マタンにヤコブが生まれ、

16 ヤコブにマリヤの夫ヨセフが生まれた。キリストと呼ばれるイエスはこのマリヤからお生まれになった。

17 それで、アブラハムからダビデまでの代が全部で十四代、ダビデからバビロン移住までが十四代、バビロン移住からキリストまでが十四代になる。

[聖句メッセージ]  本日からマタイの福音書が始まります。

■ あなたは特別な人

 今日の聖句は、世界人類の救世主・イエスキリストの祖先による系図です。彼は神の実子であるのに、一般的な家庭である大工職人・ヨセフとその妻マリヤの子として生まれ育ち、人類の救い主となる十字架の使命の為だけに生きたのです。

 このようにBibleは、人の家柄や家系などは、神の救いや神の御業を任されるのに一切関係ないと、教え説きます。あなたには、神の百倍の報いのチャンスがあるということです。

 この世の中は、家系(育ち)・出身地・人種・学歴・地位・経済的格差などで、個々の人を評価・差別しがちです。しかし、Bibleは、そんな評価基準はむしろ愚かなことであり、神の選びと救いにも全く関係ないと、教え説きます。神を味方に惹きつけたいのならば、そういう価値基準で人を評価・差別し過ぎたり、また勝ち誇らないことです。

  • ヨハネの黙示録21:27 『小羊イエスのいのちの書に名が書いてある者だけが、神の国入ることができる。』

 このようにBibleは...あなたは、神の国に存在している「永遠の命の書」の名簿にあらかじめ記されていた人だからこそ、救われたと教え説きます。

あなたは、生まれた時から、すでに神に選ばれた人だったということです。

あなたは、特別な一人なのです。

 自覚して下さい。

■ 聖職者について

  • 使命エズラ記2:62 『人々は、自分たちの系図書きを捜してみたが、見つからなかったので、彼らは祭司職を果たす資格がない者とされた。』

 このようにBibleは、神の働きをする聖職者たちは、神の特別な選びと召しがなければできないと、教えます。

 もしかしたら、あなたは聖職者に選ばれた器かもしれません。

 牧師職は、世界中で通用する資格を持てる、数少ない職種でもあります。(自分はそんな器ではないなどと)決めつけずに、神の召しがあるかどうか、まず祈ってみることです。

■ アブラハムの信仰

 本日の聖句であるマタイ福音書1~17節に記されている、イエスキリストの系図の人々は、旧約聖書に登場する偉大な人物たちが占めています。

 2節(2 アブラハムにイサクが生まれ、イサクにヤコブが生まれ、ヤコブにユダとその兄弟たちが生まれ), この『アブラハム』とは、世界人類の最初の神信仰の人です。

  • ヘブル人への手紙11:8 『信仰によって、アブラハムは、相続財産として受け取るべき地に出て行けとの神の召しを受けたとき、これに従い、彼はどこに行くのかを知らないのに、故郷を出て行きました。』

 ある時、彼は、御ことばを聞くとすぐに妻サラを説得して、次の日には故郷と家まで捨てて、神の示す約束の地を探す旅に出ていきました。

 彼は、望み得ない時に望みを抱いて、御ことばを信じて従ったのです。Bibleは、この信仰とアクションこそが、世界人類のJesus信仰の模範だと説くのです。

 あなたの人生に現れる、アブラハムのようなドラマチックで、エキサイティングなクリスチャンLIFEに期待します。

■ 血縁関係まで祝福してくださる主

  • ヘブル人の手紙11:12 『信仰に生きた アブラハムから、天の星のように、また海べの数えきれない砂のように数多い子孫が生まれたのです。』

  • 申命記7:9~10 『あなたは知っているのだ。あなたの神、主だけが神であり、誠実な神である。主を愛し、主の命令を守る者には恵みの契約を親子1000代までも守られるが、主を憎む者には、これに報いて、主はたちどころに彼らを滅ぼされる。主を憎む者には猶予はされない。たちどころに報いられる。』

 このBibleの預言通りに、主なる神様は、御ことばに従って生きたアブラハムの子孫たちを偉大な神の民たちとして、大いに祝福されたのです。

 彼の子孫には、人類の救い主イエスキリストがおり、その他の子孫も、歴史に残る真の信仰者と預言者たちなど、聖書に出てくる偉人たちなのです。

 あなたの祖先と子孫や親類たちの為に、御ことばに従い生きることです。そうすれば、あなたの主は、あなたの全ての血縁関係を祝福して下さると、約束してくれたからです。

■ 主にあって生まれ変わる

  • 第一テモテの手紙1:4 『果てしのない空想話と系図とに心を奪われたりしないように命じてください。そのようなものは、論議を引き起こすだけで、信仰による神の救いのご計画の実現をもたらすものではありません。』

  • テトスの手紙3:9『しかし、愚かな議論、系図、口論についての論争などを避けなさい。それらは無益で、むだなものです。』

 5節(5 サルモンに、ラハブによってボアズが生まれ、ボアズに、ルツによってオベデが生まれ、オベデにエッサイが生まれ、), この『ラハブ』はイエスキリストの祖先でしたが、職業は娼婦でした。しかし、彼女は 自らの人生を悔い改めて、たった一人で、神の民たちを命懸けで敵からかくまい、救った、神の国の英雄となった人なのです。

 このようにBibleは、あなたの家系にどんな人がいようとも、また、あなたの昨日までの生活と職種が、神の清さから遠く離れていたとしても、今、主イエスの十字架を信じて、悔い改められるのならば、神を味方につける英雄にさえ生まれ変われると、説くのです。

 勝利的かつ成功的な人生とは、主なる神の御心次第だということです。

  • ローマ信徒への手紙8:31~32 『では、これらのことからどう言えるでしょう。神が私たちの味方であるなら、だれが私たちに敵対できるでしょう。私たちすべてのために、ご自分の御子イエスをさえ惜しまずに死に渡された方が、どうして、御子イエスといっしょにすべてのものを、私たちに恵んでくださらないことがありましょう。』

 このように、もしあなたが、日々の御ことば & ディボーションを軸にして、素直に悔い改めながら、全生活と全人間関係を築き直す気さえあるのならば、あなたの主は、全てのことを助け導いてくれます。これをシンプルに信じて実行するのが、神の百倍の助けと後ろ盾を頂ける、真のクリスチャンLIFEだからです。

 あなたの人生に現れる、神の百倍の報いに期待します。

 AMEN

(祈り)

 主なる神様、皆を聖霊に満たして、ただ、素直にシンプルに、御ことばに人生を委ねられる者たちにしてあげて下さい。そうすれば、皆の人生に、今よりも神の百倍の恵みと永遠の幸い力が増し加わるからです!

 主イエスのお名前で、期待して祈ります。AMEN!!!

3回の閲覧0件のコメント

最新記事

すべて表示

ヨハネの福音書7:14~18

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

ヨハネの福音書7:10~13

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「