• sgbc-devotion

第二コリントの手紙8:7~13 (2014年9月8日(月))

Jesus said

「あなたの信じた通りになるように」

「何も思い煩わなくてもいい」

「勇敢でありなさい。わたしはすでに世に勝ったのです」 ディボーション聖句 第二コリントの手紙8:7~13

7 あなたがたは、すべてのことに、すなわち、信仰にも、ことばにも、知識にも、あらゆる熱心にも、私たちから出てあなたがたの間にある愛にも富んでいるように、この恵みのわざにも富むようになってください。

8 こうは言っても、私は命令するのではありません。ただ、他の人々の熱心さをもって、あなたがた自身の愛の真実を確かめたいのです。

9 あなたがたは、私たちの主イエス・キリストの恵みを知っています。すなわち、主は富んでおられたのに、あなたがたのために貧しくなられました。それは、あなたがたが、キリストの貧しさによって富む者となるためです。

10 この献金のことについて、私の意見を述べましょう。それはあなたがたの益になることだからです。あなたがたは、このことを昨年から、他に先んじて行っただけでなく、このことを他に先んじて願った人たちです。

11 ですから、今、それをし遂げなさい。喜んでしようと思ったのですから、持っている物で、それをし遂げることができるはずです。

12 もし熱意があるならば、持たない物によってではなく、持っている程度に応じて、それは受納されるのです。

13 私はこのことによって、他の人々には楽をさせ、あなたがたには苦労をさせようとしているのではなく、平等を図っているのです。

[聖句メッセージ]

 昨日の続きです。

7~8節 (7 あなたがたは、すべてのことに、すなわち、信仰にも、ことばにも、知識にも、あらゆる熱心にも、私たちから出てあなたがたの間にある愛にも富んでいるように、この恵みのわざにも富むようになってください。8 こうは言っても、私は命令するのではありません。ただ、他の人々の熱心さをもって、あなたがた自身の愛の真実を確かめたいのです。)

  • マタイ福音書28:19~20 主イエスは言った『それゆえ、あなたがたは行って、あらゆる国の人々を弟子としなさい。そして、父、子、聖霊の御名によってバプテスマを授け、また、わたしがあなたがたに命じておいたすべてのことを守るように、彼らを教えなさい。見よ。わたしは、世の終わりまで、いつも、あなたがたとともにいます。』

  • ヨハネの福音書13:34~35 『教会にいるあなたがたに新しい戒めを与えましょう。互いに愛し合いなさい。わたしがあなたがたを愛したように、あなたがたも互いに愛し合いなさい。もし互いの間に愛があるなら、それによってあなたがたがわたしの弟子であることを、すべての人が認めるのです。』

  • 第一コリントの手紙13:1 『愛がないなら、やかましいどらや、うるさいシンバルと同じです』

 このようにBible & Jesusは、主イエスの十字架信仰ゆえに神と和解できたあなたは、もうすでに永遠のゆるしとその命を受けられるのだから...”大切な人々にも主イエスの福音を熱心に伝え、それを信じる者には洗礼を勧めて、全ての御ことばを守るように教える”という神の恵みの労に従事するように教え説きます。

 また、Bible & Jesusは、あなたが主に集められた教会のクリスチャンたち(弟子)と救霊のビジョンを共有して 真心から愛し合い、あなたの家族と友人たちを救うための愛と説得力ある関係性を富ませるようにと、教え勧めるのです。

 皆さんもご存知の通り、Bibleは何度も何度もしつこいくらいに、教会のクリスチャン同士の愛と御霊の一致を命じています。これは、あなたの主は、多くの人々は他人を差別したり、自分好みの同類とばかり仲良くしようとする自分勝手な性質があることを知っているためであり、主イエスが集めたクリスチャン同士に 揺るがぬ愛と信頼関係が成り立たなければ、神の偉大な奇跡は皆無なので、皆を哀れみ、仕方なく忍耐して伝え続けているのです。

 目を醒ますことです。

 この真理を信じて、クリスチャン同士愛に熱くチャレンジするのか、または、適当に聞き流すかはあなた次第。しかし、Jesusを愛しBibleを信頼して、クリスチャン同士愛にチャレンジする人たちだけに、神の百倍の報いと奇跡は任されます。

8節 (8 こうは言っても、私は命令するのではありません。ただ、他の人々の熱心さをもって、あなたがた自身の愛の真実を確かめたいのです。)

 神のカラダとなるクリスチャンたちは、まず第1に同じ教会の仲間達と真実な愛の関係を築くことが必須だと言うことです。

 あなたに現れる、奇跡を起こすクリスチャン同士愛に期待します。

9~12節 (9 あなたがたは、私たちの主イエス・キリストの恵みを知っています。すなわち、主は富んでおられたのに、あなたがたのために貧しくなられました。それは、あなたがたが、キリストの貧しさによって富む者となるためです。10 この献金のことについて、私の意見を述べましょう。それはあなたがたの益になることだからです。あなたがたは、このことを昨年から、他に先んじて行っただけでなく、このことを他に先んじて願った人たちです。11 ですから、今、それをし遂げなさい。喜んでしようと思ったのですから、持っている物で、それをし遂げることができるはずです。12 もし熱意があるならば、持たない物によってではなく、持っている程度に応じて、それは受納されるのです。)

  • マタイ福音書4:8~11 主イエスは言った『世界を支配している悪魔は、イエスを非常に高い山に連れて行き、この世のすべての国々とその栄華を見せて、言った。「もしひれ伏して私を拝むなら、これを全部あなたに差し上げましょう。」イエスは言われた。「引き下がれ、サタン。『あなたの神である主を拝み、主にだけ仕えよ』と書いてある。」すると悪魔はイエスを離れて行き、見よ、御使いたちが近づいて来て仕えた。』』

  • イザヤ書52:13 主は預言した『見よ。わたしのしもべは栄える。彼らは高められ、上げられ、非常に高くなる。』

  • 第一コリントの手紙16:2 使徒パウロ言った『私がそちらに行ってから献金を集めるようなことがないように、あなたがたはおのおの、いつも週の初めの日に、収入に応じて、手もとに献金をたくわえておき、天に宝を積みなさい。』

 このように主イエスは、あなたを人生で富ませるために、目に見えない悪霊と高慢な権力者たちに、決して頭を下げませんでした。なぜなら、それはあなたを富ますための贖いの手段だったからです。

 また、Bibleは、救霊のために献金を怠らないようにと、教え説きます。

 天に宝を積もうとしないケチな人に神の偉大な御業と奇跡は起こらないと、現実を説いたのです。

 主を信頼することです。

  • マルコ福音書4:20 主イエスは預言した『良い地に蒔かれるとは、御ことばを聞いて受け入れ、三十倍、六十倍、百倍の実を結ぶ人たちです。』

 そして、この御ことばを聞いて、天に宝を積むことを受け入れて、百倍の報いに期待してみることです。

13節 (13 私はこのことによって、他の人々には楽をさせ、あなたがたには苦労をさせようとしているのではなく、平等を図っているのです。)

  • 第二コリントの手紙9:5 『どうか、この献金を、惜しみながらするのではなく、好意に満ちた贈り物として用意しておいてください。私はこう考えます。少しだけ蒔く者は、少しだけ刈り取り、豊かに蒔く者は、豊かに刈り取ります。ひとりひとり、いやいやながらでなく、強いられてでもなく、心で決めたとおりにしなさい。神は喜んで与える人を愛してくださいます。神は、あなたがたを、常にすべてのことに満ち足りて、すべての良いわざにあふれる者とするために、あらゆる恵みをあふれるばかり与えることのできる方です。』

  • ローマ信徒への手紙2:11,13 『神にはえこひいきなどはないからです。』『それは、聖書の律法を聞く者が神の前に正しいのではなく、聖書の律法を行う者が正しいと認められるからです。』

 もしあなたに、事業の大成功と繁栄の夢があるのならば、できる限り天に宝を積む献金、愛の募金活動を大切に生きることです。なぜなら、主はあなたの愛の奉仕と献金の行いによって、平等に評価して報われるお方だからです。

 あなたに表れる、百倍の報いを引き出せるアクションに期待します。

 AMEN!!!

閲覧数:0回0件のコメント

最新記事

すべて表示

2020年2月23日(日) ディボーション聖句 ヨハネの福音書7:14~18 14 しかし、祭りもすでに中ごろになったとき、イエスは宮に上って教え始められた。 15 ユダヤ人たちは驚いて言った。「この人は正規に学んだことがないのに、どうして学問があるのか。」 16 そこでイエスは彼らに答えて言われた。「わたしの教えは、わたしのものではなく、わたしを遣わした方のものです。 17 だれでも神

2020年2月22日(土) ディボーション聖句  ヨハネの福音書7:10~13 10 しかし、兄弟たちが仮庵の祭りに上ったとき、イエスご自身も、公にではなく、いわば内密に上って行かれた。 11 ユダヤ人たちは、祭りのとき、「あの方はどこにおられるのか」と言って、イエスを捜していた。 12 そして群衆の間には、イエスについて、いろいろとひそひそ話がされていた。「良い人だ」と言う者もあり、「